損害賠償

Q 友人の運転するクルマに同乗中の事故。損害賠償はできる?
友人の車両に同乗中の事故では、「誰に損害賠償を請求するのか」といったことが問題になります。車両同士の事故で、かつ相手方車両に過失がある場合は、当然、相手方に対して損害の賠償を請求することは可能です。ただし、同乗者にも過失があると判断される場...

続きを読む

Q 同乗者の開けたドアにバイクが接触。ドライバーの責任は?
クルマに乗り降りするためドアを開閉する場合、運転者は後方の安全を確認して事故の発生を未然に防ぐ義務があります。それを踏まえて、道路上において自動車の右側ドアを開けるに際しては、後方から来るほかの車両にドアを接触しないよう注意する必要がありま...

続きを読む

Q 交通事故にあったら、被害者はどうすればいいのですか?
自動車事故によって損害を受けた被害者は、加害者に対して損害賠償を請求することになりますが、そのためには加害者および損害賠償責任を負う者が誰であるかを確認しなければなりません。したがって被害者は、加害車両の運転者、その使用者、加害車両の保有者...

続きを読む

Q 飛び出しを避けたために事故を起こした場合の責任は?
たとえば幼児の飛び出し事故についての先例をみると、責任を否定したものもありますが、一般的には、ドライバーに対して厳しい処分で臨まれているようです。クルマの間からの飛び出しについても、飛び出しに備えて安全徐行運転義務を課して、なかなか免責を認...

続きを読む

Q 事故責任の割合はどのように決められるのですか?
交通事故といってもすべて加害者側だけに責任があるとは限りません。被害者側にも責任がある場合が少なくないのです。こうした場合には、当然、被害者側も事故発生の責任の一端を負わなければなりません。

自動車事故による損害賠償に...

続きを読む

Q 交通事故による損害にはどんなものがある?損害賠償の範囲は?
損害は、傷害または死亡による損害である人身損害(人損)とクルマの破損による損害などの物件損害(物損)とに大別することができます。人損は、財産上の損害と精神的苦痛による損害に分けられます。

また、財産上の損害はさらに積極...

続きを読む

Q 調停とは、どんなシステムなのでしょうか?
賠償問題の解決方法のひとつである調停は、示談がまとまらなかった場合、訴えを起こす前に裁判所の調停委員会に仲介してもらい、話し合いを進めるものです。示談と裁判の中間にあたり、手続きも比較的簡単な“法律上権威のある専門家を仲立ちとした当事者同士...

続きを読む

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ