Q 友人の運転するクルマに同乗中の事故。損害賠償はできる?

POINT

  • 同乗者にも過失がある場合には、請求通りに賠償されるとは限らない。
  • 好意同乗自体は過失ではなく、過失相殺され賠償額は減額されない。
  • 運転者の全損害負担が適当でなければ、損害額減額の可能性がある。

Answer

友人の車両に同乗中の事故では、「誰に損害賠償を請求するのか」といったことが問題になります。車両同士の事故で、かつ相手方車両に過失がある場合は、当然、相手方に対して損害の賠償を請求することは可能です。ただし、同乗者にも過失があると判断される場合には、請求通りに賠償されるとは限りません。

問題は同乗させてくれた人、つまりドライバーである友人に過失がある場合に請求するときの“好意同乗”といわれる問題です。好意同乗というのは事故を起こした時、お金をとらずに他人を自動車に乗せていて同乗者に損害を与えてしまった時に、車の所有者や運転者がその同乗者の損害賠償額の一部を減額できるというものです。好意同乗者の事故発生または損害拡大に向けられた注意の有無や程度によって、減額の有無や程度は判断されます。

好意同乗(無償同乗)中の事故について、原則として好意同乗自体は過失とはいえず、過失相殺され賠償額が減額されることはありません。ただし例外として、無免許、酒酔い、著しい速度違反、過労運転など、運転者の危険な運転行為を同乗者が指示または黙認していた、などの場合には過失相殺されます。

ほかにも、主として同乗者のためにクルマを運転したなど、運転者に全損害を負担させるのが適当でないような事情がある場合も考えられます。こうしたときは社会常識や一般通念に則った考え方や、損害の公平な分担の見地から見て損害額を減額することがあります。

好意同乗とみなされるケース

  1. 便乗型

    ドライバーの好意で同乗したとき

  2. 無断同乗型

    車両の保有者や所有者の意思に反して同乗したときとき

  3. 同乗者に過失が認められるとき

    酔っ払い運転だと分かって乗ったときや、ドライバーに話しかけたとき

  4. 共同運行供用者型

    交代で運転しながら目的地に行く場合の事故など

2013年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ