Q 交通事故にあったら、被害者はどうすればいいのですか?

POINT

  • 被害者は、加害車両の登録番号だけでなく、契約保険内容も確認。
  • 保険金請求には交通事故証明書が必要で、自分の契約保険会社にも連絡。
  • 事故当初は自覚症状がなくても悪化する場合があり、医師の診察が必要。

Answer

自動車事故によって損害を受けた被害者は、加害者に対して損害賠償を請求することになりますが、そのためには加害者および損害賠償責任を負う者が誰であるかを確認しなければなりません。したがって被害者は、加害車両の運転者、その使用者、加害車両の保有者の住所・氏名(名称)、加害車両の登録番号などを確認することはもちろん、加害車両の運転の目的や運転者と使用者または保有者との関係を調べ、また加害者側が加入している自賠責保険や自動車保険の保険会社、契約者、保険番号、契約内容なども調べておくべきです。

さらに保険金を請求するには警察に事故の届出をして、自動車安全運転センターから「交通事故証明書」の交付を受けることも必要です。そして加害者同様に、自分の契約保険会社への連絡も忘れてはいけません。

また、事故の当初、自覚症状がなく軽い負傷だと思っていても、実際は表面に出ない重大な負傷だったり、後日症状が悪化することもありますので、素人判断には頼らず、事故後ただちに医師に診察してもらうことが必要です。

2013年01月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ