Q 交通事故による損害にはどんなものがある?損害賠償の範囲は?

POINT

  • 損害には、傷害または死亡による人損と、車の破損などの物損がある。
  • 逸失利益には、休業損害と将来の収入を失った場合の逸失利益がある。
  • 修理費や休車損など物損についての慰謝料は、基本的に認められない。

Answer

損害は、傷害または死亡による損害である人身損害(人損)とクルマの破損による損害などの物件損害(物損)とに大別することができます。人損は、財産上の損害と精神的苦痛による損害に分けられます。

また、財産上の損害はさらに積極損害と消極損害とに分けられます。積極損害とは、治療費、付添看護費、交通費、葬儀費など、被害者が事故のため出費を余儀なくされた損害のことです。消極損害は「逸失利益」または「得べかりし利益」とも言われています。

逸失利益は、負傷の治療期間中の休業のため収入を失った場合の休業損害と、死亡や後遺障害などによって労働能力を全部または一部喪失したため将来の収入を失った場合の狭義の逸失利益に分けられています。“過去発生型”の損害の積極損害は、証拠による認定が比較的容易であるのに対し、逸失利益は“将来発生型”の損害であり、どのように算定するかは損害の捉え方や評価方法によって異なります。その損害の算定をめぐっては理論的な対立が激しいところでもあります。

傷害や死亡のため受けた精神的苦痛に対する損害も金銭的に評価して賠償額が決められ、これを慰謝料といいます。物損は、クルマの修理費、代車使用料、休車損などです。物損についての慰謝料は、特別の事情がない限り認められていません。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ