Q 修理代が車両残存価格を超えた場合の賠償額は?

POINT

  • 修理代がクルマの時価額を超えた場合、時価額が損害の賠償額になる。
  • 再調達できる車種であれば、時価額を超える修理代請求は認められない。
  • 高額な新車や希少車も、修理代以上の賠償額が払われることは少ない。

Answer

永く乗ろうと大切にしていたクルマが、一方的に追突されて大破したとします。被害者としては元どおりにしてほしいと修理を要求しますが、破損の程度によっては、クルマの時価額より修理代のほうが上回る場合があります。

たとえば新車価格が200万円だったクルマに5年間乗っていて、修理代に150万円以上かかるとすると、ほぼクルマの時価額を上回ってしまいます。このような時は、クルマの修理代ではなく、クルマの時価額が損害の賠償額となります(東京高裁・昭和57年6月17日判決)。一般に販売されている国産車や外国車の場合は再調達が可能ですから、いくら被害者が修理代を請求しても認められません。

逆に、新車価格500万円のクルマで、半年で事故にあったという場合、修理代が150万円であれば、買い替えたいので全損扱いにしてほしいと要求(クルマの時価額を請求)しても、修理代が賠償額となります。また、限定生産モデルなどで、そのベースとなった車両に対して新車価格が大幅に高くなっている場合も同様です。心情的には理解できるところですが、賠償額が増加する可能性は極めて低いと考えたほうが妥当です。
イラスト:車両残存価格

イラスト:車両残存価格

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車検の有効期間は何年ですか?
  3. 3車庫証明の取り方を教えてください。
  4. 4高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  5. 5高速道路で逆走車に遭遇した際の対処方法は?
  6. 6エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  7. 7エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9タイヤの空気圧点検と充填方法
  10. 10運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  11. 11運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  12. 12信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  13. 13警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  16. 16ペダルの踏み間違いを防止するには?
  17. 17クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  18. 18エンジンがかからないときは?
  19. 19高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  20. 20異音からトラブルを発見するには?

このページのトップへ