Q 自賠責保険の保険料と補償の範囲を教えてください。

POINT

  • 自賠責保険の支払い最高額は、被害者1名につき死亡で3,000万円。
  • 補償は対人保障に限られ、限度額を超えたら加害者側が不足分を負担。
  • 24カ月の保険料は、自家用乗用車は27,840円、軽自動車は26,370円。

Answer

自賠責保険の保険金支払い最高額は被害者1名について死亡、後遺障害3,000万円(常時介護の時は4,000万円)、傷害120万円と決められています。後遺障害には程度に応じた1級から14級までの等級が定められていて、障害に応じた保険金が支払われる仕組みになっています。
自賠責保険の補償範囲は、対人保障に限られています。事故を起こしたクルマの保有者自身のケガなどには適用されず、クルマの損害や建造物(ガードレールなど)の損害などの物損事故も対象外です。限度額を超えた時には加害者側が不足分を負担するか、任意保険でまかないます。
自賠責保険の加入・継続の手続きは、通常は新車購入時と車検更新時に行われ、保険料も合わせて納めます。
自賠責保険はすべての車両に、加入が義務付けられており、強制保険とも言われます。加入せずにクルマを運行することは法律で禁じられていて、自賠責保険の有効期間が切れている場合には、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に加え、免許停止処分となるので注意が必要です。また、自賠責の証明書をクルマに積んでいないと、それだけで30万円以下の罰金が科せられます。

自賠責保険の補償内容と支払い限度額

自賠責保険の補償内容 支払い限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害、治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料 最高120万円
後遺障害による損害、逸失利益、慰謝料 等 後遺障害の程度により第1級 最高3,000万円~第14級 最高75万円
ただし神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して常時介護が必要な場合は最高4,000万円(随時介護の場合は最高3,000万円)
死亡による損害、葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族) 最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害、治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料 最高120万円

主な車種・期間の保険料

  60カ月 48カ月 36カ月 24カ月
自家用乗用自動車 39,120円 27,840円
軽自動車 36,920円 26,370円
軽二輪
(125ccを超え250cc以下)
28,060円 23,560円 18,970円 14,290円
原動機付自転車
(125cc以下)
17,330円 14,890円 12,410円 9,870円

※平成25年4月1日以降始期の契約で、離島以外の地域(沖縄県を除く)に適用する保険料(共済掛金)。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7車検の有効期間は何年ですか?
  8. 8走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  9. 9センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  15. 15クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  16. 16エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  17. 17信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19セルフスタンドでの給油の注意点について
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ