Q 自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?

POINT

  • 自賠責保険は車に対して締結し、車を譲渡する際は契約者を変更。
  • 名義変更は契約権利譲渡通知書と、異動承認請求書の2種類が必要。
  • 契約手続き中の事故でも保有者や運転者なら保険金支払いの対象。

Answer

自賠責保険の保険期間(保険の契約期間)の途中でクルマを他人に譲渡しても、保険契約上の権利および義務は譲受人には移りません。自賠責保険は、クルマに対して締結されているものですので、自動車を譲渡する際は、必ず契約者の変更を行ってください。自賠責保険だけを譲渡しないという取扱いはできません。
クルマの譲渡に伴う自賠責保険の名義変更で必要となる書類は、大きく分けて「契約権利譲渡通知書」と、「異動承認請求書」の2種類の関連書類です。
この書類のそれぞれにクルマの譲渡人と譲受人とが記入捺印して、自動車売買契約関係書類を提出します。身元確認のために、新契約者の住所が記載されている住民票や、運転免許証の提示を求められることもあります。
自賠責保険の被保険者(保険の対象となる人)は当該車両の保有者または運転者ですので、契約手続き中に事故を起こしてしまったとしても、保有者または運転者であれば、保険金の支払いの対象になります。これは、自賠責保険は被害者への補償を目的として定められた保険制度であるためです。また、ナンバープレートの変更など、自賠責保険証明書の記載事項になんらかの変更があった際にも損害保険会社に連絡して変更手続きを行っておくことが必要です。

自賠責保険の契約権利譲渡(名義変更)手続き必要書類

保険営業店にある「自賠責保険承認請求書(異動承認請求書)」に必要事項を記入の上、譲渡人印および譲受人印を押印し、申請してください。別途、保険の譲渡意思が確認できるもの(自動車売買契約関係書類等)が必要。確認できない場合は、車検証が必要です。

契約者変更(権利譲渡)の手続き

【1】譲渡人・譲受人双方の印が押印されている自賠責保険(共済)承認請求書(契約されている保険会社(組合)で用意されています。)
【2】自賠責保険(共済)証明書
【3】譲渡意思の確認ができる書類・保険契約者(譲渡人)の実印と印鑑証明書・譲渡人本人が手続きされる場合は、本人の確認書類(免許証、保険証など)

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ