罰則

Q 初心運転者期間制度ってどんなものですか?その期間の点数計算とは?
初心運転者による事故が多いことから、初心運転者に慎重な運転をするよう動機付けを行い、技能や知識の定着を目的として設けられた制度です。道路交通法などを犯して一定の違反点数を累積させ、技能や知識がまだ定着していないと認められる者に対しては、適切...

続きを読む

Q 駐停車違反に対する行政処分とは?
2006年6月1日に改正道路交通法の一部が改正・施行され、駐車違反の取り締まりが強化されました。ポイントとなるのは、車両の使用者などを対象とした放置違反金制度が導入されたことです。これによって放置駐車違反に問われた車両について、実際に駐車し...

続きを読む

Q 自転車のルール違反にも罰則があるの?
自転車は気軽で便利な乗り物ですが、道路交通法ではあくまでも軽車両と定められる車両となることから、ルールを無視した運転をした場合は違反となり、罰金や罰則も定められています。また事故を起こしたときも同様で、加害者になってしまったときには、被害者...

続きを読む

Q 運転中の「ながらスマホ」は違反になるのですか?
自動車またはバイクの運転中におけるスマートフォンなど携帯電話の使用(いわゆる「ながらスマホ」)については、1999年の道路交通法改正に規定が盛り込まれています。無線通話装置(携帯電話など)を通話のために使用すること、および画像表示用装置(モ...

続きを読む

Q 免許証の取消しや停止処分を受ける場合とは?
運転者の過去3年間の交通違反や交通事故に対して所定の点数を付け、その合計点数が一定の基準に達した場合に、運転免許の効力の停止(一般には「運転免許の停止」と言われています)や、取消しなどの処分が行われます。また、重大違反唆し(そそのかし)や道...

続きを読む

Q 停止処分者講習を受講すると処分期間は短縮されるのですか?
交通違反や交通事故を起こしたことなどにより運転免許の停止処分を受けた者が、公安委員会の行う停止処分者講習を受けたときは、免許の処分期間が短縮されることがあります。講習は処分の日数によって短期講習、中期講習、長期講習があります。
...

続きを読む

Q 免許証の取消し・停止処分に対して不服がある場合には?
公安委員会は、免許の取消し処分や90日以上の免許の停止処分をしようとするときは、公開による「意見の聴取」を行わなければならないとしています。意見の聴取を行うときは、公安委員会は当事者に対し、処分の理由、意見聴取の期日、及び場所を期日の1週間...

続きを読む

Q 取消処分者講習制度について教えて
道路交通法の改正により、取消処分者講習制度が設けられ、平成2年9月1日から施行されています。

これは、運転免許を取り消された人の多くが免許を再取得していることや、再取得後の交通事故率が非常に高いため、従前の欠格期間...

続きを読む

Q 危険運転致死傷罪が適用される場合とは?
飲酒運転による悲惨な交通事故の発生が多発したこと。さらには従来からの刑法では罰則が軽く、重刑化の意見が出たことから、2001年6月に危険運転致死傷罪が新たに施行されました。
危険運転致死傷罪(刑法第208条の2)とは、これまで過...

続きを読む

Q スピード違反に対する行政処分とは?
速度超過違反は、数字にまつわる違反だけに、罰則区分も数字によって細かく分類されています。罰則が適用されるのは、法定速度15km/h未満からです。これは事実上1km/hでもオーバーした段階から速度超過違反ということになります。罰則区分はここか...

続きを読む

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ