Q 取消処分者講習制度について教えて

POINT

  • 免許を再取得しようとする者に対する、矯正教育を目的にした制度。
  • 取り消し処分などを受けた人は、運転免許試験を受ける前に必ず受講。
  • 受講する場合は、運転免許センターや警察署などに予約する。

Answer

道路交通法の改正により、取消処分者講習制度が設けられ、平成2年9月1日から施行されています。

これは、運転免許を取り消された人の多くが免許を再取得していることや、再取得後の交通事故率が非常に高いため、従前の欠格期間の適用に加え、免許を再取得しようとする者に対する矯正教育を目的として行われるものです。

過去に運転免許の拒否、もしくは取消し、または6ヵ月を超える期間の運転禁止の処分を受けた人が欠格期間経過後に運転免許試験を再び受けるときは、過去1年以内に公安委員会の行う取消処分者講習を受講していなければ、再び運転免許試験を受けることができません。この講習で取消処分者講習終了証書をもらい、その後、教習所で再び講習を受けるか、運転免許試験場で試験を受けることになります。

取消処分者講習を受講する場合は、運転免許センターや警察署で本人が予約をします。また、受講の際には意見の聴取等において免許取消処分を下されたときに受け取った「運転免許取消処分書」が必要になります。このほかの必要書類、また予約場所や講習時期などは地区により違いますので、最寄りの警察署に確認してください。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ