Q 自転車のルール違反にも罰則があるの?

POINT

  • ルール無視の運転には罰金や罰則があり、被害者への賠償義務も発生。
  • 自動車と同じ標識が適用される場合や、自転車に対しての標識もある。
  • 自転車側が加害者で高額賠償になるケースもあり、専用の保険もある。

Answer

自転車の走行違反に対する罰則
自転車の走行違反に対する罰則

自転車は気軽で便利な乗り物ですが、道路交通法ではあくまでも軽車両と規定されており、同法の定めに従わなければなりません。同法を無視した運転をした場合は違反となり、罰金や罰則も定められています。また事故を起こしたときも同様で、自らの過失により他人にケガを負わせた場合は、被害者に対する賠償義務が発生します。日頃からルールを守り、歩行者に配慮した安全運転を心がけることが大切です。2015年6月1日に施行された改正道路交通法により、悪質な違反を繰り返す運転者には講習が義務化されることが決まりました。自転車の運転に関して、信号無視などの一定の危険行為(詳細はこちら)を反復した者が、さらに自転車を運転して交通の危険を生じさせるおそれがあると認めるときは、自転車運転者講習の受講を義務付けることとなりました。対象者は14歳以上で、受講命令の要件となる違反行為を3年以内に2回以上反復して行った自転車運転者に対して、公安委員会から自転車運転者講習の受講命令が発せられます。自転車運転者講習は、講習時間3時間で講習手数料6,000円がかかります。受講命令に違反した場合は、5万円以下の罰金となります。

自転車の主な違反と罰則

自転車を対象とした罰則も数多く定められています。(詳細はこちら
違反が確定すれば、罰則に従って罰金の支払い、もしくは懲役が科せられます。「並進」など、普段ついやってしまいそうな行為も含まれますので注意しましょう。

自転車に関する主な標識の意味

自転車であっても、「車両進入禁止」「車両通行止め」「一時停止」「徐行」「一方通行」などの標識には従わなければなりません(「自転車を除く」という補助標識があれば別)。自転車も車両の一種だという意識を常に持ち、乗車時には標識に注意を払い、その指示に従うようにしましょう。


  • 自転車通行止め

  • 一時停止

  • 自転車専用

  • 自転車及び
    歩行者専用

  • 並進可

  • 自転車横断帯

  • 横断歩道・
    自転車横断帯

  • 踏切あり

  • 車両進入禁止
自転車の保険について
イメージ画像

交通事故全体に占める自転車が関係する事故割合は約2割(約8万6000件、2018年/警察庁「平成30年中の交通事故の発生状況」)と、依然、高い値で推移しています。事故のなかには1億円近い高額賠償となるケースもあり、事前の備えが大切です。現在、自転車にも専用の保険があるのをご存じでしょうか。自転車に関係する事故において、さまざまな補償が担保されています。対人や対物、自損事故などにも幅広く対応するだけでなく、相手との示談交渉や弁護士への依頼費用をカバーしてくれる弁護士費用特約が用意されるなど、自転車に乗る際の安心を得ることができます。
2018年4月以降、自転車事故の被害者と加害者をともに守るために、自転車保険への加入を義務付ける自治体が出てきました。お住まいの自治体が義務化しているかどうか、確認してみましょう。

2019年11月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ