Q 危険運転致死傷罪が適用される場合とは?

POINT

  • 危険運転致死傷罪とは、危険な状態で自動車を運転した結果、人を死傷させた場合に科される刑罰。

Answer

長らく、自動車運転中に過失で人を死傷させた場合は、刑法の「業務上過失致死傷罪」が適用されていましたが、飲酒運転などによる悲惨な交通事故が少なからず発生したことから、被害者などを中心に従来からの刑法では罰則が軽すぎるのではないかといった厳罰化を求める声や国民の関心の高まりによって、2001年の刑法の一部改正で「危険運転致死傷罪」が新設されました。さらに、危険運転致死傷罪が適用されない過失による死傷事故の場合でも、実態に合わせた妥当な刑罰を科するため、2007年の刑法の一部改正で「自動車運転過失致死傷罪」が追加されました。
そして、運転の悪質性や危険性に見合った処罰ができるように、これらを刑法から移し、「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」(略称:自動車運転死傷処罰法)が新たに成立、2014年に施行となりました。「危険運転致死傷罪」は同法第2条に規定され、以下の行為を行い人を負傷させた者は15年以下の懲役、人を死亡させた者は1年以上の有期懲役に処することになりました。

1. アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為
2. その進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為
3. その進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為
4. 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
5. 赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
6. 通行禁止道路(道路標識若しくは道路標示により、又はその他法令の規定により自動車の通行が禁止されている道路又はその部分であって、これを通行することが人又は車に交通の危険を生じさせるものとして政令で定めるものをいう。)を進行し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

危険運転致死傷罪適用状況

2018年の危険運転致死傷罪の適用件数は352件で、うち致死は24件でした。
その内訳は以下のとおりです。

1. 信号の殊更無視 169件(48.0%)
2. アルコールの影響 105件(29.8%)
3. 妨害目的 25件(7.1%)
4. 制御できない高速度 21件(6.0%)
5. 通行禁止道路進行 18件(5.1%)
6. 薬物の影響 12件(3.4%)
7. 無技能 2件(0.6%)
(出典:警察庁「平成30年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」)

2019年11月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ