Q 追い越し禁止の場所と違反した場合の行政処分とは?

POINT

  • 追い越し禁止の場所や状況は多様で、違反時の免許点数は2点減点。
  • 標識や標示がある場所は、道路の右側にはみ出しての追い越し禁止。
  • 上り坂頂上付近など、追い越すための進路変更禁止の場所も多い。

Answer

「追越しとは、車が進路を変えて、進行中の前の車の前方に出ること」(交通の教則-運転者用-より)を言い、追越しが禁止されている交通状況や場所が決められています。追い越し違反の場合、免許点数は2点減点となります。

以下のような状況では危険なので追越しが禁止されています。前の車が自動車を追い越そうとしているとき(二重追越し)、前の車が右折などのため右側に進路を変えようとしているとき、道路の右側部分に入って追越しをしようとする場合に、反対方向からのクルマや路面電車の進行を妨げるようなときや前のクルマの進行を妨げなければ道路の左側部分に戻ることができないようなとき(交通の教則-運転者用-より)。さらに、標識や標示で示されているときは、道路の右側部分にはみ出しての追越しは禁止されています。

また、次のような場所では自動車や原動機付自転車を追い越すために進路を変えたり、その横を通り過ぎたりしてはいけないことになっています。標識により追越しが禁止されている場所、道路の曲がり角付近、上り坂の頂上付近やこう配の急な下り坂、トンネル(車両通行帯がある場合を除く)、交差点とその手前から30m以内の場所(優先道路を通行している場合を除く)、踏切、横断歩道、自転車横断帯とその手前から30m以内の場所(交通の教則-運転者用-より)。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ