交通事故

Q 交通事故を起こしたら、加害者はどうするべきですか?
事故発生時に加害者が行うべき措置は、法律に定められた義務です。道路交通法(72条1項前段)には「交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止す...

続きを読む

Q 雨の日に増えるのはどんな事故ですか?
雨の日の運転は、視界が悪いだけではなく、路面が滑りやすくなっているため、晴天時よりも慎重に運転する必要があります。首都高速道路株式会社の調査によると、雨天時の時間当たりの事故件数は、晴天時と比較し、約5倍も高くなっているといわれています。さ...

続きを読む

Q 人身損害のない事故(物損事故)の場合、無事故、無違反になりますか?
脇見運転をしていたため先行車に追突してしまい、幸いにして人身損害はなく車両損害だけだったというケースの時には物損事故として処理されます。

道路交通法による交通事故の定義によると、人の死傷が無く器物の損壊のみの場合を物損...

続きを読む

Q 交通事故の発生傾向とは?

続きを読む

Q 社員が通勤時、または業務でマイカーを使用する場合の注意点は?
まず、会社がマイカーの業務使用を一切禁止している場合には、社員のマイカー利用について何らの運行支配・運行利益もありません。そのため社員がマイカーの通勤途上で人身事故を起こした場合でも、原則として会社は運行供用者責任を負わないケースが考えられ...

続きを読む

Q 駐車場など公道以外で起きた事故の扱いはどうなるのですか?
道路交通法では、いわゆる公道のほか一般交通の用に供するその他の場所も道路とされています。不特定の人が自由に通行できる場所であるかぎり、私道や空地、広場なども道路に含まれるわけです。したがって、駐車場なども不特定人の自由な通行が認められている...

続きを読む

Q 運転者が負う3つの事故責任とはどんなものですか?
交通事故を起こした当事者には以下の3つの責任が問われます。

(1)刑事上の責任(例:懲役、禁固、罰金)
(2)行政上の責任(例:免許の取消、停止)
(3)民事上の責任(例:損害賠償)

続きを読む

Q 高齢者と子供に多い事故とは?
交通事故の死者の状況を年齢別でみると、65歳以上の高齢者が2,264人(51.3%)ともっとも多くなっています。日本国内の交通事故による死者数(各年ともに12月末の統計値。平成24年は速報値)は、10年間と比べて8,326人(平成14年)か...

続きを読む

Q 社員が社用車を私用で運転中に起きた事故。会社の責任は?
一般に社員が会社の保有する自動車を無断で私用運転していた時の事故の場合、会社についても雇用関係を通じて自動車に対する運行支配・運行利益が及んでいると考えられていますので、多くの場合、運行供用者責任が問われています。

会...

続きを読む

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ