Q 運転者が負う3つの事故責任とはどんなものですか?

POINT

  • 刑事上の責任は刑罰を伴い、特定の過失には道交法責任も問われる。
  • 行政上の責任は刑罰ではないが、免許取消しや停止などの厳しい処分。
  • 民事上の責任は、金銭により被害者の痛手を回復する損害賠償のこと。

Answer

交通事故を起こした当事者には以下の3つの責任が問われます。

(1)刑事上の責任(例:懲役、禁固、罰金)
(2)行政上の責任(例:免許の取消、停止)
(3)民事上の責任(例:損害賠償)

それぞれの目的は(1)社会の法秩序の維持、(2)道路交通の安全の確保、(3)は被害者の被った損害を補償し金銭により現状回復を図る、ことにあります。
刑事上の責任は刑事罰をともないます。過失により交通事故を起こし、人を死傷させた場合は、業務上過失致死傷罪(刑法211条)に問われ処罰の対象になり、無免許運転や飲酒運転等の過失がある場合はさらに道路交通法の責任が問わることになります。
行政処分は刑罰ではありませんが、刑事罰同様に厳しい制裁処分です。免許取消し・停止の処分は公安委員会が行政機関として行います。
民事上の責任とは、被害者に対する民事上の損害賠償責任のことです。交通事故を起こして損害を与えたときは、民法709条の不法行為責任や自動車損害賠償保障法に基づき、被害者が被った痛手を金銭に評価し、その支払いによって被害者の損害を回復しようという考え方です。被害者の人身損害のほか、車両の修理費などの物損が対象となります。この損害賠償に関する被害者との交渉は、自動車保険(任意保険)に加入していれば保険会社が示談交渉にあたってくれます。

イラスト:イメージ

【交通違反における処罰】
平成21年6月1日から道路交通法改正

ひき逃げ 懲役5年以下、罰金100万円以下、違反点数35点
飲酒運転 懲役5年以下、罰金100万円以下、違反点数35点
酒気帯び 懲役3年以下、罰金50万円以下、違反点数25点か13点
共同危険 懲役2年以下、罰金50万円以下、違反点数25点

交通事故に付けられる点数(行政上の責任)

交通事故の種別 責任の程度
重い時 軽い時
死亡事故(過失によるもの) 20点 13点
重傷事故(治療期間3月以上) 13点 9点
重傷事故
(治療期間30日以上3月未満)
9点 6点
軽傷事故
(治療期間15日以上30日未満)
6点 4点
軽傷事故(治療期間15日未満) 3点 2点
建造物損壊事故

※事故の原因になった交通違反の点数に上記点数が付加されます

2013年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  7. 7警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  18. 18クルマが冠水・浸水してしまったら?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ