Q 自転車で道交法違反をした場合は?

POINT

  • 道交法で自転車は軽車両に分類され、違反すると罰則が科せられる。
  • 走行は原則車道で左側通行など、自転車安全利用5則を厳守。
  • 自転車で交通事故を起こすと、刑事上の責任や損賠賠償が発生する。

Answer

自転車は、道路交通法上は「軽車両」となっており、一般的なクルマと同じように、違反をするとさまざまな罰則が科せられる場合があります。

自転車について道路交通法では「自転車安全利用5則」が掲げ、自転車に乗るときに守るべきルールのうち、特に重要なものを取り上げています。自転車安全利用5則の内容は、以下の通りです。

1:自転車は車道が原則、歩道は例外
2:車道は左側を通行
3:歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4:安全ルールを守る
5:子供はヘルメットを着用

罰則にはさまざまありますが、例えば4の内容に関するものでは、夜間にライトや尾灯(反射器材)を点けないで走ると、5万円以下の罰金。6歳未満の子供を除く二人乗りや、並んで走行すると、2万円以下の罰金または科料。携帯電話や傘を差しての片手運転は、3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金。とくに酒気帯びで乗ると、5年以下の懲役または100万円以下の罰金と、とても重い罰則が科せられます。ただし5には罰則がありません。

自転車で違反をして検挙された際には、違反内容によって自転車運転者講習の受講が義務付けされる場合(詳細は『自転車のルール違反にも罰則があるの?』を参照)と、赤キップが切られて刑事処分の対象になる場合の2通りが考えられます。自転車で交通事故を起こした場合には、運転者に刑事上の責任も問われます。さらに、被害者を死傷させれば「重過失致死傷罪」に問われる可能性もあります。被害者に対しては民事上の損害賠償の責任も発生しますので、自転車向けの損害保険の加入も含めて交通ルールをしっかり守って運転しなければなりません。なお、最近は自転車が原因による事故が増加しているため、自転車でのヘッドホン(イヤホン)使用を禁止するなど、都道府県によっては新たな条例の導入も考えられています。

幼児を同乗させる際の自転車の運転については、16歳以上の運転者であれば、幼児用座席を設けた自転車に6歳未満の幼児を1人に限り乗車させることができます。さらに、運転者は幼児1人を子守バンド等で背負って運転することも可能です。

加えて、16歳以上の運転者は、幼児2人を同乗させることができる特別の構造又は装置を有する自転車(幼児2人同乗用自転車)に、6歳未満の幼児2人を乗車させることができます。しかし、幼児2人を乗車させた場合、運転者は幼児を背負って運転することはできません。

イラスト:イメージ
携帯電話での片手運転も、道交法第71条第6号により禁止されています。

2015年06月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7車検の有効期間は何年ですか?
  8. 8走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  9. 9センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  15. 15クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  16. 16エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  17. 17信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19セルフスタンドでの給油の注意点について
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ