Q メーカーオプションとディーラーオプションは何が違うのですか?

POINT

  • メーカーオプションは車体製造時に組み込まれ、新車の発注時に注文。
  • 納車時や購入後に、販売店で装着できるのがディーラーオプション。
  • 両方に用意されるカーナビなどは、価格や機能の差を考慮して選ぶ。

Answer

クルマにはさまざまな装備が装着されていますが、多くのユーザーが必要であろうと思われる装備品については、標準装備としてあらかじめ装着されている場合が多く、さらに標準装備の差がグレードの差とも言えます。

一方、オーナーの好みや使い方、ライフスタイルなどによって、任意に装着されるのがオプションと呼ばれる装備品です。これはメーカーオプションとディーラーオプションの2つに分かれます。まずメーカーオプションですが、これはメーカーの製造ラインで装着されるもので、ボディに大きな加工が必要だったり、組み込みに手間がかかるため、車体製造時に組み込まれるのが特徴です。よって、クルマ本体を発注する際に注文しなくてはならず、納車後に装着することはできません。

一方、ディーラーで装着するものがディーラーオプションと呼ばれる装備品で、ユーザーへの納車時だけでなく、購入後に改めて装着してもらうことも可能となっています。ただし一部、カーナビやアルミホイールなどで、メーカーオプションとディーラーオプションの両方に用意されるアイテムもありますが、マッチング/価格/機能/ラインナップに差があるため、よく考えて選ぶことが大切です。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ