Q ETCはどこで装着してもらえるのですか?

POINT

  • ETC車載器を買ったカー用品店などで、装着やセットアップができる。
  • 車両情報を車載器へ入力するセットアップは、ETC交換時にも必須。
  • 種類はアンテナ一体型と分離型があり、標準装備の車種も増えた。

Answer

ETC普及の目的は、有料道路の料金所での渋滞緩和や、キャッシュレス決済による利便性を向上させることです。料金所ゲートに設置されたアンテナとETC車載器との路車間通信によって、自動的に通行料金を決済する料金支払いシステムとなっています。

料金所で一旦停止することなく、簡単でスピーディな支払いができます。料金は毎月利用者の銀行口座から、契約クレジットカード会社などを介して引き落とされます。

ETCは、購入したからといって自分で装着できるものではありません。購入した自動車ディーラーやカーショップ、整備工場で装着してもらうことになり、同時にその取り付け店舗にて車載器のセットアップを行います。

ETCの代表的な機種としてはアンテナ一体型(アンテナをETC車載器本体に内蔵したダッシュボード設置式)、アンテナ分離型(アンテナとETC車載器別体式)があります。アンテナ分離型は装着場所の自由度が高いのが特徴です。また、最近は、自動車の標準装備品として、はじめから装着されているケースも増えています。セットアップとは車載器を取り付けた車両の情報を車載器に入力する作業のことで、(財)道路システム高度化推進機構(ORSE)で認定されていなければなりません。1:ETC車載器を取り替える場合、2:ナンバープレートなどを変更した場合、3:ETC車載器を他の車両に移す場合、4:ETC車載器の車両を購入あるいは譲り受けた場合などは、セットアップが必要になります。

写真:イメージ

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ