Q チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?

POINT

  • 6歳未満の幼児を対象に義務づけられる。
  • 大人用シートベルトは身体の小さな子供に使うと危険。
  • 違反の場合は減点1点となるが反則金はない。

Answer

チャイルドシートの使用の義務づけは、6歳未満の幼児を対象にしています。安全のため発育に応じたチャイルドシートを正しく使用しましょう。(参考:はじめてのチャイルドシート クイックガイド)
また、車両の大人用のシートベルトは身長約140cm以上の体型に対して有効な働きをするため、年齢が6歳を超えても、まだ身体の小さな子供にはチャイルドシートやジュニアシートを使うようにしましょう。(参考:ジュニアシートはもう要らない?)
シートベルトをせずにそのまま着座するのはもちろん、大人用のシートベルトを身体の小さな子供に使うことは、ベルトが首にかかるなど、とても危険な状態になるので絶対にやめましょう。

ちなみに対象幼児の人数分だけチャイルドシートを座席に装着すると、全員が乗車できない場合(例えば5名乗車のクルマに大人2人と6歳未満の幼児4人が乗る場合。全員分のチャイルドシートを取り付けるスペースがない場合は、取り付けが可能な座席にだけ取り付ければよい)や身体の状態によりチャイルドシートの使用が困難な時、また事業用のバスやタクシーがお客である幼児を乗せる時など、使用義務が免除される場合もあります。

チャイルドシートの使用義務違反となった場合は、運転免許の取り消しや免許停止処分の基準となる点数が1点付加されることとなりますが、反則金はありません。

イラスト:イメージ

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ