Q ユーザー車検の受け方を教えてください

POINT

  • ユーザーが定期点検整備を行い、整備を終えて点検記録簿に記入。
  • 車検場の予約を取り、自動車税納付書などの必要書類を準備する。
  • 検査ラインでは自分で各種検査を行い、合格後に車検証を受け取る。

Answer

車検は一般ユーザーでも受けることができ、そのための手続きも整備されています。

まず定期点検整備(自家用自動車なら24ヵ月点検)を自分で行い点検記録簿を記入します。必要に応じて整備を行ったら車検場での受験日を決めます。予約は約1週間前に電話、もしくは国土交通省のホームページから手続き可能です。予約が取れたら、今度は車検に必要な自動車税の納付書や、自賠責保険に加入した証書を準備します。

受験日は、車検場で継続検査申請書/自動車検査票/継続検査手数料納付書/重量税納付書などの書類を整備振興会などから購入し、印紙を貼り、手数料の支払いをするなどして書類作成を行います。すべての書類ができたら窓口に申請書を提出します。

いよいよ検査ラインへクルマを移動して検査に臨みます。まず検査官による各部の作動チェックが行われます。その後は自動検査ラインです。電光表示板の指示に従って、ユーザー自身が検査ラインにクルマをかけて検査を受けた後、記録器で検査表に印字を受けて次に進みます。すべて合格となったら継続検査窓口へ関係書類一式を提出して、車検証とステッカーを受け取って完了です。

不合格になった場合でも、指摘された部分のみを整備すればよく、当日であれば手数料は不要。15日以内であれば、検査手数料のみで再検査を受けられます。

イラスト:ユーザー車検の受け方

2013年01月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車庫証明の取り方を教えてください。
  3. 3運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  7. 7エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  8. 8オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  9. 9エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  12. 12交通違反の点数制度について教えて
  13. 13クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15クルマが冠水・浸水してしまったら?
  16. 16警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  17. 17クルマが水没したときの対処と脱出方法とは?
  18. 18信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  19. 19運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  20. 20エンジンがかからないときは?

このページのトップへ