Q EV(電気自動車)やPHV(プラグイン・ハイブリッド車)の補機類用の12Vバッテリーがあがってしまうと走行不能になるのですか?

POINT

  • エアコン以外の電気が必要な車載装備は、12Vバッテリーが動かす。
  • 12Vバッテリーがあがるとパワーユニットが起動せず、走行できない。
  • 供給経路に故障がない限り、走行中に12Vバッテリーはあがらない。

Answer

EV(電気自動車)やPHV(プラグイン・ハイブリッド車)のボンネットを開けるとガソリン車同様に「12Vバッテリー」が搭載されています。大容量の駆動用バッテリーを積んでいるにもかかわらず、なぜ従来と同じバッテリーを搭載する必要があるのか、疑問に感じる人も少なくないと思います。12Vバッテリーを搭載している理由は、システムをオフにしている時に高圧の駆動用バッテリーを切り離して安全性を確保するためです。ちなみにEVやPEVが搭載している12Vバッテリーは、駆動用バッテリーに対して、補器類用バッテリーと呼ばれています。

このため、もし12Vバッテリーがあがってしまうと、たとえ駆動用バッテリーがフル充電の状態でもパワーユニット(システム)の起動ができず、走行不能になります。ガソリン車でもバッテリーがあがると、ガソリンが満タンでもエンジンが掛かりませんが、これと同じでEVやPHVは走行不能に陥ります。しかしながら、走行中は駆動用バッテリーの電圧を下げて12Vバッテリーに供給していますので、供給経路に故障がない限り、走行中に12Vバッテリーがあがることはありません。

EVやPHVでは、走行用とエアコン稼働以外に電気を必要とする装備(例えばカーナビゲーションやオーディオ、ワイパー、ヘッドランプなど)は、12Vバッテリーで動かしています。イグニッションONでシステムが立ち上がらないとき、ヘッドライトが点灯しない、ホーンが鳴らないといった状態であれば、12Vバッテリーあがりを疑いましょう。

写真:12Vバッテリー

2013年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車庫証明の取り方を教えてください。
  3. 3車検の有効期間は何年ですか?
  4. 4高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  5. 5警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9タイヤの空気圧点検と充填方法
  10. 10信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  11. 11運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  12. 12運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  13. 13走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  14. 14センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  15. 15高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  16. 16クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  17. 17異音からトラブルを発見するには?
  18. 18車両感覚を身につけるには
  19. 19交通反則通告制度(青キップ)は、どういう制度なの?
  20. 20エンジンがかからないときは?

このページのトップへ