Q 下取り車がある場合の手続きは?

POINT

  • 買い取り先名義への移転登録と、廃車時の抹消登録の2種類がある。
  • 譲渡証明書などに押印するため、契約時には実印と印鑑証明を用意。
  • リサイクル料金が未払いの場合は、料金を支払った後に下取りに出す。

Answer

下取り車の手続きには2通りあります。そのクルマが再び中古車として流通するのなら買い取り先名義への移転登録となります。また廃車にしてしまうのならば抹消登録が必要です。いずれの場合も自分で手続きのすべてをする必要はなく、買い取りや下取りしてくれるお店がすませてくれます。この際、売り手が用意しなければいけないものは、印鑑証明と実印です。下取りに出すクルマの登録手続きを代行してもらうために委任状に押印し、中古車として買い取られるのならば、譲渡証明書にも実印を押します。さらに車検証の住所と現住所が異なるときは、住民票も用意しなくてはなりません。

またリサイクル料金が支払い済みの場合は、その証明書も先方に渡しますが、もし未払いの場合は所定の料金を(車種やグレードによって異なる)支払ったうえで、下取りに出します。

税金面で下取りの際に確認しておきたいのは、自動車税に関する事柄です。自分が住んでいる都道府県とは違う地域の業者への委託や、廃車の処理を行った場合は、その年度分の残りの税金は月割りにして戻ってきますが、同一都道府県内での取引の場合は戻ってきません。ですから、あらかじめその金額を考慮して下取り料金を決めるなどしておきましょう。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7車検の有効期間は何年ですか?
  8. 8走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  9. 9センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  15. 15クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  16. 16エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  17. 17信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19セルフスタンドでの給油の注意点について
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ