Q 自動車リサイクル料金は、誰がいつ支払うのですか?

POINT

  • 新車購入時に買い手が支払い、その証明にリサイクル券を受け取る。
  • 中古車購入時は、リサイクル料金を含んだ車両代金を買い手が支払う。
  • リサイクル券はクルマについて回り、最終オーナーが料金を負担する。

Answer

自動車リサイクル法(平成17年1月1日施行)」は、メーカー/所有者/販売業者/解体業者など、すべての関係者の役割を定めて、協力して資源を有効活用し、リサイクル社会の構築を促すことを目的としています。廃車後の適正な処理を促進するため、廃車するクルマから発生するシュレッダーダスト/エアコン用フロン類/エアバッグの3品目については、自動車メーカーや輸入業者が適正処理することを義務付けています。対象となるのは今まで生産されたクルマすべてです。車種/グレードごとのリサイクル料金(6,000円から18,000円程度)が国内メーカーと輸入業者によって定められており、各ホームページ等で調べることができます。

新車の場合、リサイクル料金は購入時に支払い、その証明としてリサイクル券を受け取ります。制度そのものが施行されてから既に8年以上が経過しているため、中古車にもリサイクル券が付帯していると考えていいでしょう。中古車を購入する場合は、リサイクル料金を含んだ車両代金を支払うことになります。これは販売業者も車両を仕入れる段階でリサイクル料金を含めて仕入れを行っているため。オーナーは代わってもリサイクル券はついて回り、最終オーナーがリサイクル料金を負担することになるわけです。なお、中古車を輸出する場合には、リサイクル料金返還手続などの制度が定められています。

ちなみに、リサイクル券を紛失した場合、再発行の必要はありません(車検時にも提示は不要)。リサイクル料金の証明が必要な場合は、自動車リサイクルシステムホームページ(※)より「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷してください。

※リサイクル料金検索には、車検証(車台番号・登録番号)、またはリサイクル券(リサイクル券番号)の入力が必要。

イラスト:リサイクル

2014年04月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  2. 2クルマのバッテリー上がりと応急処置
  3. 3高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6異音からトラブルを発見するには?
  7. 7警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11車庫証明の取り方を教えてください。
  12. 12エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  13. 13FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  16. 16雪道でスタックした場合、自力で動かす方法とは?
  17. 17自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  18. 18チェーン規制時はスタッドレスタイヤ装着でも走行できない?
  19. 19スピード違反に対する行政処分とは?
  20. 20夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?

このページのトップへ