Q 提携ローンと残価設定ローンの違いとはなんですか?

POINT

  • 残価設定ローンは提携ローンの一種で、車検が切れる3年後の残価を予測し、その分を車両本体価格から引いて残り分だけを支払う。
  • 数年おきに新車を乗り換える人などに、残価設定ローンは有利。

Answer

クルマを購入する場合、多くの人は代金の支払いにローンを利用することになるでしょう。個人を対象としたローンには、大別して提携ローンと自動車ローンの2種類があります。さらに提携ローンの派生商品として登場した、残価設定ローンが最近では増えつつあります。

提携ローンとは、販売店が提携している信販会社と契約するもの。自動車ローンは、個人が金融機関と契約するものです。両者の大きな違いはクルマの所有者が異なる点です。車検証にも記載されるローン支払い中のクルマの所有者が誰であるか、ここに注目してください。提携ローンでは販売店が所有者になるのに対し、自動車ローンはユーザーが所有者になります。また、提携ローンには「抗弁権の接続」が設けられているのも特徴です。これは購入したクルマに欠陥などがあるにもかかわらず、販売店側が対応してくれないような場合に、ローンの支払いを中断できるという取り決めです。

提携ローンの一種として最近多くなってきたのが残価設定ローンです。これは車検が切れる3年後の残価を予測して、その分を車両本体価格から差し引いて、残りの部分だけを支払うシステムです。月々の支払いを安く抑えられるのが大きなメリットといえるでしょう。3年後にはクルマを手放すか、残価を支払って再度ローンを組むことも可能です。数年おきに新車に乗り換える人や、1台のクルマにはそう長く乗らない人にも向いています。

残価設定ローンと通常ローンの比較例

  残価設定ローン 通常ローン
車両価格 2,498,000 円
頭金 498,000 円
クレジット対象額 2,000,000 円
お支払い回数 36 回
実質年率 3.90%
初回お支払い額 20,970円 × 1回 45,360円 × 1回
通常月お支払い額 17,700円 × 34回 42,200円 × 35回
ボーナス月加算額 100,000円 × 6回 100,000円 × 6回
当初3年間のローン支払額 1,222,770円 2,122,360円
最終回お支払い額 951,620円  
クレジットお支払い総額 2,174,390円 2,122,360円

2013年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  2. 2クルマのバッテリー上がりと応急処置
  3. 3車検の有効期間は何年ですか?
  4. 4高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6異音からトラブルを発見するには?
  7. 7タイヤの空気圧点検と充填方法
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  10. 10車庫証明の取り方を教えてください。
  11. 11走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  12. 12エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  13. 13FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15チェーン規制時はスタッドレスタイヤ装着でも走行できない?
  16. 16自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  17. 17チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  18. 18雪道でスタックした場合、自力で動かす方法とは?
  19. 19夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  20. 20スピード違反に対する行政処分とは?

このページのトップへ