Q 中古車のプライスボードの見方を教えてください。

POINT

  • 公正競争規約により、中古車店のプライスボードには正しい表示が義務付けられ、価格や装備の違いを把握する情報源として活用可能。
  • 不当表示の中古車店では購入を避けるなど、店選びの基準になる。

Answer

価格やコンディションが千差万別の中古車は、年式や走行距離などを表示したプライスボードが購入する際の参考になります。通常、中古車にはプライスボードがフロントウインドウなどに掲げられ、ひと目でそのクルマの価格がわかるようになっています。

プライスボードに記載される内容は、一般社団法人「自動車公正取引協議会」が定めた自動車公正競争規約によって、正しく表示することが義務付けられています。不当な表示には法律に基づく罰則規定も設けられています。正しい表示では、価格以外にもメーカー名/車名、さらに「主な仕様区分」としてグレード/排気量/ミッションタイプのほか、主要装備についてもメーカーが標準装備したものを「標準装備品」とし、「オプション装備品」とは別に表示するように定めています。クルマの寸法/重量/性能/原動機の種類などといったスペックについては、国土交通大臣の指定を受けたもの、つまりカタログの数値を使用するものともされています。

プライスボードは価格を確認するためだけではなく、装備などの違いをしっかりと把握するための情報源として活用することができます。また、情報を正しく表示している中古車店を選ぶことも重要で、それを見分けることが中古車選びのコツといえます。消費者の立場からすれば、プライスボードを正しく表示していない中古車店でクルマを買うのは避けるのが賢明です。

イラスト:中古車プライスボード

2013年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ