Q 新車と中古車の購入費用に違いはありますか?

POINT

  • 中古車では、車検の有無や残りの期間が購入費用に大きく影響する。
  • 車検がない場合は新たに取得し、重量税や自賠責保険料も加算される。
  • 新車の取得税は車両価格に0.9をかけるが、中古車は経過年数で異なる。

Answer

中古車の購入を考えた場合、最初に確認しておきたいのは車検の有無です。仮に車検が有る場合でも、どれくらいの期間残っているかにも注目してください。購入費用の違いという点では、この有無や残期間により大きく異なります。

中古車で車検が残っている場合は、当然のことながら車検費用がかかりません。車検証の名義変更を行い、ナンバープレートの交換などを行います。自動車税や取得税といった税金に関しては新車と同じく中古車にもかかりますが、取得税の算定方法は異なります。新車の場合は、車両価格に0.9をかけたものを基準としており、中古車の場合は、表のように経過年数で異なります。

車検が無い場合は、新たに2年間の車検を取得しなくてはなりませんので、重量税や自賠責保険料なども上乗せになります。新車の場合は3年間の取得に対して、中古車は2年間です。ただし、中古車では、ナンバープレートが付いているか否かで若干の違いが出てくるケースがあります。ナンバープレートが付いていなかったり、管轄が異なる場合は、新たにナンバープレートを取得しなくてはならず、費用項目が追加されます。

いずれにしても、購入時期などによって費用は大きく異なることから、事前に見積りを取得して、その詳細についてしっかりと把握しておくことが大切です。

中古車残価率表

経過年 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年 4.5年 5年 5.5年 6年
乗用自動車 0.681 0.561 0.464 0.382 0.316 0.261 0.215 0.177 0.146 0.121 0.100
軽自動車 0.562 0.422 0.316 0.237 0.177 0.133 0.100 - - - -

※経過年数は、1/1~6/30までの間に取得した場合0.5年。7/1~12/31までの間に取得した場合1年。

2014年04月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6車検の有効期間は何年ですか?
  7. 7タイヤの空気圧点検と充填方法
  8. 8チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  9. 9警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  13. 13高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  14. 14自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  15. 15エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17異臭からトラブルを発見するには?
  18. 183ナンバー、5ナンバー、軽自動車、諸経費の違いは?
  19. 19クルマの振動からトラブルを発見するには?
  20. 20運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?

このページのトップへ