Q 新車と中古車の購入費用に違いはありますか?

POINT

  • 中古車では、車検の有無や残りの期間が購入費用に大きく影響する。
  • 車検がない場合は新たに取得し、自動車重量税や自賠責保険料も加算される。
  • 環境性能割は新車にも中古車にも課せられるが、取得価額が50万円以下の場合や燃費性能が高い電気自動車等は非課税。

Answer

中古車の購入を考えた場合、最初に確認しておきたいのは車検の有無です。仮に車検がある場合でも、どれくらいの期間残っているかにも注目してください。購入費用の違いという点では、この有無や残期間により大きく異なります。

中古車で車検が残っている場合は、当然のことながら車検費用がかかりません。車検証の名義変更を行い、ナンバープレートの交換などを行います。
環境性能割については、新車の場合は課税標準基準額(目安として新車価格の90%程度)に税率をかけた金額になりますが、中古車の場合は「課税標準基準額×残価率×税率」となり、取得価額(課税標準基準額×残価率)が50万円以下なら非課税です。なお、税率は燃費基準達成度により非課税(0%)、1%、2%、3%のいずれかとなります。ただし、2019年10月1日から1年間限定で、税率は1%分軽減されます。
車検がない場合は、新たに2年間の車検を取得しなくてはなりませんので、自動車重量税や自賠責保険料なども上乗せになります。新車の場合は3年間の取得に対して、中古車は2年間です。ただし、中古車では、ナンバープレートが付いているか否かで若干の違いが出てくるケースがあります。ナンバープレートが付いていなかったり、管轄が異なる場合は、新たにナンバープレートを取得しなくてはならず、費用項目が追加されます。

いずれにしても、購入時期などによって費用は大きく異なることから、事前に見積もりを取得して、その詳細についてしっかりと把握しておくことが大切です。

中古車残価率表

経過年 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年 4.5年 5年 5.5年 6年
乗用自動車 0.681 0.561 0.464 0.382 0.316 0.261 0.215 0.177 0.146 0.121 0.100
軽自動車 0.562 0.422 0.316 0.237 0.177 0.133 0.100 - - - -

※経過年数は、1/1~6/30までの間に取得した場合0.5年。7/1~12/31までの間に取得した場合1年。

2019年10月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ