Q 中古車購入の手続きにはどんなものがある?

POINT

  • 車検証上の所有者の名義変更を行い、税金や保険のトラブルを避ける。
  • 名義変更は譲渡証明書が必要で、所有者が変わってから15日以内に行う。
  • 申請は、新所有者の所在地を管轄する検査登録事務所か陸運支局で行う。

Answer

中古車を買ったら、車検証上の所有者を自分にするため名義を変更する必要があります。この手続きは正確には「移転登録」といいますが、一般的には「名義変更」と呼ばれています。名義変更を怠ると、後日、税金や保険などのトラブルを誘発する可能性があるため手続きは早めに済ませましょう。
移転登録に必要な書類の主なものに譲渡証明書があります。この書類には、クルマのナンバーや車名、型式、車台番号などとともに、新・旧所有者の住所と名前の記載、そして旧所有者の実印が必要です。移転登録は、所有者が変わってから15日以内に済ませる必要があります。申請先は新しい所有者の所在地を管轄する検査登録事務所か陸運支局です。管轄が同じ区域の場合は書類上の手続きだけで済み、ナンバープレートを変更する必要はありませんが、管轄が変わる場合は、クルマを持ち込んでナンバープレートを変更する必要があります。
以上の手続きは、車検が残っている中古車の場合です。なかには車検切れなどの理由でナンバーのないクルマもあるでしょう。その場合には新車と同様に新規登録をしなければならず、仮ナンバーなどでの持ち込みが必要になります。
軽自動車の名義変更は旧所有者と新所有者の認め印、車検証、ナンバープレート(クルマを持ち込まない場合)を持って、管轄の軽自動車検査協会で行います。

登録車の移転登録に必要な書類(新所有者・新使用者が同一で車検がある場合)

旧所有者が用意するもの

  • 自動車検査証(車検の有効期間のあるもの)
  • 印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
  • 譲渡証明書(新旧所有者を記入して旧所有者の実印を押印)
  • 委任状(代理人による申請を行う場合。実印を押印)

新所有者が用意するもの

  • 申請書(OCRシート第1号または第2号様式)
  • 手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付)
  • 印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
  • 委任状(代理人による申請を行う場合。実印を押印)
  • 自動車保管場所証明書(発行後1ヵ月以内のもの)
  • 自動車税・自動車取得税申告書

2013年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  7. 7高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  18. 18クルマが冠水・浸水してしまったら?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ