Q 車庫証明の取り方を教えてください。

POINT

  • 車庫証明の申請は、保管場所を管轄する警察署の交通課窓口で行う。
  • 手数料は概ね2,000円~2,200円程度で、証明書は通常1週間以内に交付される。
  • 車庫証明発行後に約500円の手数料を払って標章を受け取り、車の後窓に貼付。

Answer

車庫証明はあなたが所有するクルマの保管場所が確保されていることを警察署長が証明するもので、運輸支局での登録時に必要な書類の一つです(※)。正式名称は「自動車保管場所証明書」ですが、一般的には車庫証明として広く知られています。

車庫証明の申請は、保管場所、つまり駐車場のある所在地を管轄する警察署の交通課窓口で行います。下記の書類に必要事項を記入捺印のうえ提出します。手数料は都道府県によって異なりますが、概ね2,000円~2,200円程度です。証明書は1週間以内に交付され、車庫証明書が発行されたら約500円の手数料を支払い、標章を受け取ります。標章は車庫を使用するクルマの後窓に貼付します。この申請手続きは所有者のほか、自動車販売店に手数料を支払って代行してもらうことも可能です。

申請する保管場所(車庫)は、使用の本拠地から直線距離で2km以内でなければなりません。必ずしも駐車場である必要はなく、道路以外でそのクルマが置けるスペースがあれば認められます。その他、車庫に通じる道路が通行禁止でなく幅員制限に抵触しないこと、クルマ全体が道路にはみ出さずに収容できること、などの要件を満たす必要があります。また、他人の土地や建築物を保管場所とする場合は、保管場所使用承諾書などが必要になるので注意が必要です。

なお、軽自動車の場合、県庁所在地や目安として人口10万人以上の市では、車庫証明と同様に「保管場所届出手続」が必要です。これは、申請書式が異なるだけで用意する書類や、手続きは同じです。

※島嶼部などごく一部地域に手続き不要な地域もあります。

車庫証明申請に必要な書類

自動車保管場所証明申請書 保管場所申請のための書類
保管場所標章交付申請書 標章(ステッカー)交付のための申請書類
土地使用に関する権利関係を証する書面 保管場所である土地または建物をだれが使用するか明らかにした書類
●自己所有地の場合・・・保管場所使用権限疎明書面(自認書)
●他人所有地の場合・・・保管場所使用承諾証明書
所在図・配置図 (所在図)
●当該保管場所付近道路及び建物等、主たる目標となる地物並びに方向を示し、使用本拠地と保管場所の距離を明記。〔地図の写しでも可、直線距離2km以内〕
(配置図)
●保管場所・その周辺の建物・空地・道路及びその幅員ならびに保管場所入り口等を表示したもの

2019年09月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ