Q 知人からクルマを購入した場合に必要な手続きは?(移転登録・名義変更)

POINT

  • 個人間の売買では、基本的に購入者側が名義変更などの手続きを行う。
  • 代金を支払っても、名義変更をしないと車は買い手の所有物にならない。
  • 名義変更の続きを怠ると、旧所有者に納税義務や事故責任等が生じる。

Answer

個人間での売買の場合、基本的に手続きは購入者側が自分で行わなければなりません。これは「移転登録」手続きといって、クルマの所有者が変わった場合に必要となる手続きのことで、一般的に名義変更と言われるものです。
この手続きを行った後、車検証上の所有者が変更されて、初めて売買が成立したことになります。所有者の変更が行われなければ、代金を先方に支払って手元にクルマがある場合でも、正確には自分の所有物にはなりません。そのため、売買したり、譲渡したり、譲り受けた時には必ず行う必要があります。なお、法律では「変更登録」手続きと同様に、変更後15日以内に手続きすることが定められています。
この手続きを怠ると、旧所有者に自動車税の納税通知書が送られたり、事故を起こした際に元の所有者に責任が発生する。さらには保険の手続きがスムーズにいかないなど、さまざまなトラブルの原因となりかねません。自動車販売店でクルマを買い換える場合には、手続きを依頼するケースが多いので問題が発生する可能性は少ないですが、個人売買の際には手続きを忘れないようにしましょう。とくに親しい間柄でのやり取りであっても、適切に変更がなされたか、新しい車検証を確認させてもらうようにしましょう。

イラスト:登録手続き

MEMO

JAFでは各種変更手続きをJAF会員に代わって行う、代行サービス提供会社と優待協定を結んでおります。
詳しくはこちらから

2013年01月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ