Q 登録を抹消していた中古車に再び乗るときの手続きは?(廃車したクルマの再登録)

POINT

  • 抹消登録後は中古車としての新規登録を行い、新たに車検を受ける。
  • 抹消登録時と新規登録時で所有者が異なる場合は、譲渡証明書が必要。
  • 仮ナンバーの取得は、自賠責保険加入後に最寄りの各行政庁で行う。

Answer

いったん抹消登録をしたクルマに再び乗るには、中古車としての新規登録を行う必要があります。まず、新規登録の申請ですが、登録を抹消したクルマの車検は、有効期間が満了していなくても、その時点で無効となります。そのため、中古車を新規登録するためには車検も同時に受けなければなりません。従って、手続きとしては新規検査申請と新規登録申請の両方を、管轄の運輸支局もしくは自動車検査登録事務所で行う必要があります。さらに注意しなければならないのは、抹消登録をしたときと新規登録をするユーザーが異なる場合で、その際は譲渡証明書も必要となります。クルマ自体は車検に対応した整備を行い検査場に持ち込む必要がありますが、登録が抹消され車検がないうえ、ナンバープレートが付いていないため、公道を走ることはできません。キャリアカーで運ぶか、仮ナンバーを取得する必要があります。仮ナンバーの取得は、自賠責保険に加入したうえで最寄りの各行政庁(市役所、区役所等)で行います。無事車検に合格したら、必要書類を揃えて登録課に申請すると、車検証と車検の満了日を示すステッカーが交付され、税金の支払い、ナンバープレートの交付・取り付けの作業を終えると、晴れてクルマを使用することができるようになります。

MEMO

JAFでは各種変更手続きをJAF会員に代わって行う、代行サービス提供会社と優待協定を結んでおります。
JAF会員専用サイト「代行.net」はこちらから。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ