Q ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?

POINT

  • 地名は使用本拠地を、次の数字は普通乗用自動車など車の種別を表す。
  • ひらがなは用途の表記で、自家用/事業用/レンタカーで分類される。
  • 42や94などの縁起の悪い数字や、発音しにくいひらがなは除外される。

Answer

よく見ると、さまざまな数字や記号が表示されているナンバープレート。順番にその表記を見ていくことにしましょう。まずは地名です。本来は使用地を管轄する運輸支局または自動車検査登録事務所の所在地域を表しています。ご当地ナンバーが認可されたことによって、必ずしも運輸支局または自動車検査登録事務所の所在地を表すものではなくなりましたが、使用本拠地を表すことには変わりありません。そして地名の後ろにある数字ですが、これは装着されるクルマの種別。たとえば普通乗用自動車や小型貨物自動車などを示しています。そしてひらがなですが、これは自家用/事業用/レンタカーの3種で分類され、そのなかで順番に振られていくものです。ちなみに「お/し/へ/ん」の4文字は発音しにくい、縁起が悪いといった理由から使用されません。さらに大きな数字(一連指定番号)も「・・ ・1」から「99-99」まで順番に振られますが、この部分でも縁起の悪さから42/94は除外され、また希望ナンバー対象の番号も付けられません。1や8など、人気が高い数字は希望ナンバーとして抽選で交付されることになっています。

図:ナンバープレートのサンプル

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ