Q クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?

POINT

  • クルマの所有者が被相続人(故人)かどうか確認する。
  • 名義変更せずに使い続けることは避ける。
  • 売却するにせよ廃車するにせよ、一部の例外を除いて相続人の誰かがいったん相続する必要がある。

Answer

持ち主が死亡した時点で、家族などの相続人全員の共有財産となり、クルマの状態な どにかかわらず相続手続きが必要。
持ち主が死亡した時点で、家族などの相続人全員の共有財産となり、クルマの状態な どにかかわらず相続手続きが必要。

クルマはその持ち主(=所有者)が死亡した時点で、家族などの相続人全員の共有財産となり、クルマの状態などにかかわらず相続手続き(名義変更等)が必要となってきます(この場合の相続人全員とは、第1順位が直系卑属「子・孫」、第2順位が直系尊属「父母・祖父母」、第3順位が「兄弟・姉妹」となります。配偶者はいずれの時も相続人となります)。

たとえば、あなたの親族である父親が亡くなったと想定します。父親が使っていたクルマだとしても、父親がそのクルマの「所有者」だとは限りません。まず、「自動車検査証」(車検証)で所有者を確認してみてください。クルマの所有者名義は自動車検査証の「所有者欄」に記載があります。なお、その所有者欄の名義が第三者となっている場合、相続は発生しません。
クルマの名義を相続人名義に変更しておかないと、相続人自身の財産として認められず、たとえばそのクルマを売却したり、クルマの使用を一時的に中止したりする場合に必要な「一時抹消登録」や、クルマをリサイクル事業者に引渡し適正に解体処分する場合の「永久抹消登録」(相続手続きと並行して永久抹消登録を行う場合には、車の名義人を相続人名義にしておかなくても手続きは可能)などの手続きができなくなるなどの不都合が起きます。また、故人名義のまま、事故を起こした場合には、自賠責保険を超える金額については補償されないといった事態を招く可能性もあります。このような事態を防ぐために、相続時には自動車の名義変更をしておく必要があります。
クルマの所有者は相続人全員が対象となります。相続人名義に名義を変更するための書類は、その手続き内容によって異なってきます。

特定の相続人に名義を変更する場合
≪必要になる書類など≫
「自動車検査証」(車検証)
☆各自用意
「戸籍謄本」または「戸籍の全部事項証明書」
☆入手場所・・・本籍地の役所
※所有者の死亡の事実が確認できるもの、および相続人全員が確認できるもの。なお、婚姻などで氏名等の変更があった場合はそれが確認できるものも必要。
※「戸籍の全部事項証明書」は、戸籍をコンピュータ化した自治体が発行する証明書。以前の紙戸籍で発行していた戸籍謄本と同じもの。
(1)相続人全員(新所有者となる相続人を含んだ)によって手続きを行う場合 (2)遺産分割協議によって新所有者となる相続人(代表相続人)が手続きを行う場合
「印鑑証明書」
※相続人全員(新所有者となる相続人を含む)のもの(発行後3ケ月以内)。
☆入手場所・・・役所

「遺産分割協議書」(定められた様式のもの)
☆以下の書類のうちいずれかのもの。
※相続人全員(新所有者となる相続人を含む)が実印を押印したもの。なお、相続人の中に未成年者がいる場合は代わって「特別代理人」の押印が必要。☆各自用意

「遺産分割協議成立申立書」・・・申請人である相続人が、相続する自動車の価格が100万円以下であることを確認できる査定証または査定価格であることを確認できる資料の写し等を添付した場合に限りこの書類の使用ができる (定められた様式のもの)。

相続人全員(新所有者となる相続人を含む)の「実印」(本人が来られる場合)または「委任状」(本人が来られない場合は、実印を押印したもの)。
☆各自用意
新所有者となる相続人(代表相続人)の「印鑑証明書」(発行後3ケ月以内のもの)。
☆入手場所・・・役所

新所有者以外の相続人全員の「譲渡証明書」(実印を押印したもの)。
※「譲渡証明書」とは、売買や譲渡によってクルマの所有者が変わった場合に、いつ、誰に譲渡が行われたかを証明する書類(定められた様式のもの)。
☆入手場所←国交省HP(www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000033.html)で入手可能。


「車庫証明書」が必要になるケースもある。※証明後、概ね1ヶ月以内のもの。
☆入手場所・・・管轄の警察署



代表相続人(新所有者となる相続人)の「実印」(本人が来られる場合)または「委任状」(本人が来られない場合、実印を押印したもの) 。
☆各自用意
「車庫証明書」※証明後、概ね1ヶ月以内のもの。 ※被相続人と新所有者となる相続人が同居家族の場合は不要となる場合あり。
☆入手場所・・・管轄の警察署
※相続人の中に未成年者がいる場合 

現在の所有者、または新たな所有者が未成年者の場合、法定代理人(親権者または後見人)が同意をするか、または代理して行う必要がある。

相続人に未成年が含まれている場合は、利益相反行為に該当し、特別代理人の選任手続き等が必要となる。
※未成年者が相続人に含まれるケースでは他の共同相続人と共同相続にすることが一般的。そうすれば特別代理人の選任が不要。

共同相続する際は上記書類の他に、以下の書類が必要。
・「戸籍謄本」または「戸籍の全部事項証明書」※親権者が確認できるもの(発行後3ヶ月以内)。
・親権者の「同意書」※親権者全員が実印を押印したもの。
・親権者の「印鑑証明書」※親権者のうち1名のもの(発行後3ヶ月以内)。
・未成年相続人の「住民票」(発行後3ヶ月以内)。

第三者に譲渡する場合
≪相続人の必要書類≫
「自動車検査証」(車検証)
☆各自用意
「戸籍謄本」または「戸籍の全部事項証明書」 ☆入手場所・・・本籍地の役所
※所有者の死亡の事実が確認できるもの、および相続人全員が確認できるもの。なお、婚姻などで氏名等の変更があった場合はそれが確認できるものも必要。
(1)相続人全員が手続きを行う場合 (2)遺産分割協議により代表相続人が手続きを行う場合
相続人全員の「譲渡証明書」(実印を押印したもの)。
☆入手場所←国交省HP(www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000033.html)で入手可能。
「遺産分割協議書」 (定められた様式のもの)
※相続人全員が実印を押印したもの。なお、相続人の中に未成年者がいる場合は「特別代理人」が代わって押印。
☆各自用意
相続人全員の「印鑑証明書」(発行後3ケ月以内のもの)。
☆入手場所・・・役所
代表相続人の「譲渡証明書」(実印を押印したもの)。
☆入手場所←国交省HP(www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000033.html)で入手可能。
相続人全員の「実印」(本人が来られる場合)または「委任状」(本人が来られない場合は、実印を押印したもの)。☆各自用意

代表相続人の「印鑑証明書」(発行後3ケ月以内のもの)。
☆入手場所・・・役所
代表相続人の「実印」(本人が来られる場合)または「委任状」(本人が来られない場合、実印を押印したもの)。
☆各自用意
新所有者の必要書類
「印鑑証明書」(発行後3ヶ月以内のもの)。
☆入手場所・・・役所
「実印」(本人が来られる場合)または「委任状」(本人が来られない場合、実印を押印したもの) 。
☆各自用意
※所有者と使用者が異なる場合 使用者の「住民票」(発行後3ヶ月以内のもの) 。
☆入手場所・・・住所地の役所
使用者の「委任状」(使用者本人が来られない場合) 。
☆各自用意
「車庫証明書」(証明後概ね1ヶ月以内のもので、所有者と使用者が異なる場合は使用者のもの)。
☆入手場所・・・管轄の警察署

一時抹消登録
一時的にクルマの車籍を抹消することで利用を止めるような場合に行う手続き。
《必要になる書類など》
「自動車検査証」(車検証)
☆各自用意
「ナンバープレート」(前後2枚)
☆取り外したものを業者から受け取り(※業者ではなく自分で取り外してもよい)。

「戸籍謄本」または「戸籍の全部事項証明書」 ☆入手場所・・・本籍地の役所
※所有者の死亡の事実が確認できるもの、および相続人全員が確認できるもの。なお婚姻などで氏名等の変更があった場合はそれが確認できるものも必要。

(1)相続人全員が手続きを行う場合 (2)遺産分割協議により代表相続人が手続きを行う場合
相続人全員の「印鑑証明書」(発行後3ケ月以内のもの)
☆入手場所・・・役所
「遺産分割協議書」 (定められた様式のもの)
※相続人全員が実印を押印したもの。なお、相続人の中に未成年者がいる場合は「特別代理人」が代わって押印。
☆各自用意
代表相続人の「印鑑証明書」(発行後3ケ月以内のもの)
☆入手場所・・・役所
相続人全員の「実印」(本人が来られる場合)または「委任状」(本人が来られない場合、実印を押印したもの)
☆各自用意
代表相続人の「実印」(本人が来られる場合)または「委任状」(本人が来られない場合、実印を押印したもの)
☆各自用意

永久抹消登録

クルマをリサイクル業者に引き渡して適正に解体処分する場合や、クルマとしては二度と利用せず収納庫や展示物として再利用したり、クルマがなくなってしまった場合などに行う手続き。
※相続したクルマを永久抹消する場合は財産の処分行為ではないため、相続人の代表者が単独で申請を行うことができる(以下のような簡便な方法も可能)。

1.先にクルマの解体処理を行い、「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」を業者から取得しておく(メモでOK)。

☆入手場所・・・業者

《必要になる書類など》 ※以下の書類を用意し管轄の運輸支局で永久抹消手続きを行う。
「自動車検査証」(車検証)
☆各自用意
「ナンバープレート」(前後2枚)
☆取り外したものを業者から受け取り
「戸籍謄本」または「戸籍の全部事項証明書」  ☆入手場所・・・本籍地の役所
※所有者の死亡の事実が確認できるもの、および相続人全員が確認できるもの。なお婚姻などで氏名等の変更があった場合はそれが確認できるものも必要。
申請相続人(1名)の「印鑑証明書」(発行後3ケ月以内のもの)
☆入手場所・・・役所
申請相続人(1名)の「実印」(本人が来られる場合)または「委任状」(本人が来られない場合、実印を押印したもの)
☆各自用意
先に業者から取得してある、解体に係る「移動報告番号」および「解体報告記録がなされた日」の記入のあるメモ等。
※車検残存期間が1ヶ月以上の場合は自動車重量税の還付を受けることができるので、その場合は「申請相続人の銀行等の預金口座内容」が必要。

2018年04月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車庫証明の取り方を教えてください。
  3. 3車検の有効期間は何年ですか?
  4. 4高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  5. 5警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9タイヤの空気圧点検と充填方法
  10. 10信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  11. 11運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  12. 12運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  13. 13走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  14. 14センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  15. 15高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  16. 16クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  17. 17異音からトラブルを発見するには?
  18. 18車両感覚を身につけるには
  19. 19交通反則通告制度(青キップ)は、どういう制度なの?
  20. 20エンジンがかからないときは?

このページのトップへ