Q 乗用車用のアルファベット入りナンバープレートとは?

POINT

  • 2018年1月に、乗用車用のアルファベット入りナンバーが初交付。
  • 分類番号の下2桁に、誤認しにくいアルファベット(10文字)を使用。
  • 希望ナンバー制で払底した人気の番号も、引き続いて交付ができる。

Answer

なぜ、アルファベット入りのナンバーが必要なのか?
なぜ、アルファベット入りのナンバーが必要なのか?

乗用車のナンバープレートに、アルファベット(英字)が入り始めました。ナンバープレートの上段(右)に記される「分類番号」に、アルファベットが使われます。
アルファベット入りのナンバーが導入された理由は、手数料を支払えば大きく記される4桁の番号を好きな数字にできる「希望ナンバー制」で、人気が集中している一部の番号を使い果たしたからです。一度使ったクルマのナンバープレートは、車両の特定にナンバープレートを使うなどの理由から再度使われることはありません。そのため人気の数字が払底してしまう問題は以前から指摘されていました。しかし分類番号へのアルファベットの導入によって、今後も利用者に希望のナンバーを提供できるようになりました。
国土交通省によると2018年1月に東京で初めて交付され、次いで神奈川や愛知で交付されています。普通乗用車ですでに払底している番号は、いずれも3から始まる分類番号(3ナンバーの乗用車)の練馬の「…8」、横浜の「8000」などです。名古屋の「…1」も人気が高く、分類番号とひらがなを使い切りました。
新制度が導入された後でも、番号が払底していなければ3桁とも数字の分類番号のままで交付されます。

アルファベット導入の方法とは?
アルファベット導入の方法とは?

クルマのナンバープレートは、地名(クルマが登録された運輸支局などを表す文字や使用本拠の地理的名称)、ひらがな(事業用、自家用などの区別のための表示)、数字(一連指定番号)などで構成され、そのクルマが自動車登録ファイルに登録されていたり、クルマが検査を受け、安全性や公害防止の観点から保安基準に適合していることを表すものです。分類番号は地名の横にある3桁の数字で、クルマの種別や用途を知ることができます。アルファベットは分類番号の下2桁で使用でき、「30A」や「3AC」「5FH」などと表記されます。利用者が希望のアルファベットを選ぶことはできません(2018年7月時点)。
使用されるアルファベットは、A、C、F、H、K、L、M、P、X、Yの10文字です。国土交通省によると、希望ナンバーの払底回避のため、これまでいろいろな案が検討されてきました。「ナンバープレートのひらがな部分をカタカナやアルファベットに変更する」「4桁の一連番号を5桁にする」などの案もありましたが、比較的容易に実施できる分類番号の変更が採用されました。分類番号の先頭の数字はクルマの用途や大きさが分かるため、そのまま残されることになりました。
なお、軽自動車検査協会によると、軽自動車も2019年1月1日から分類番号が払底し次第、順次アルファベットを導入する予定です。

2018年10月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ