Q 地球温暖化対策のための税(環境税)とは何ですか?

POINT

  • CO2排出削減を目的に、石油や石炭などの化石燃料に課す税金のこと。
  • 税率は排出するCO2量で決まり、平成28年までに3段階で引き上げられた。
  • 税収は、省エネルギー対策や再生可能エネルギー普及の財源に活用。

Answer

地球温暖化の原因のひとつとされる二酸化炭素(CO2)の排出を削減するため、石油・天然ガス・石炭などの化石燃料に課税する「地球温暖化対策のための税(環境税)」が2012年10月1日から導入されました。

税率は、排出するCO2の量に応じて決まり、急激な負担増をなくすため平成28年まで3年半かけて3段階に分けて引き上げられます。石油の場合、平成24年10月1日から1リットル当たり0.25円、平成26年4月1日からは0.5円、平成28年4月1日からは0.76円となります。

段階的な引き上げが終わった後では2,623億円の税収が見込まれ、省エネルギー対策や太陽光や風力などの再生可能エネルギーの普及に活用されCO2の排出抑制につなげていくこととされています。引き上げ完了時の一世帯当たりの負担は、石油・ガス・電気をトータルして月100円ほど、年間では1,200円程度になると試算されています。

クルマを運転する時、地球温暖化対策のための税(環境税)による負担を軽くするには、ふんわりアクセル・早めのアクセルオフやアイドリングストップなどのエコドライブを実践してみるのも良いでしょう。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ