故障・原因

Q 異音からトラブルを発見するには?
トラブルに結びつく異音の主な発生源は以下のとおりです。

(1)エンジン
(2)排気系
(3)ドライブトレーン(トランスミッションやギヤなどの動力伝達装置)
(4)足まわり

続きを読む

Q 走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
走行中にエンジンがストールする状態、いわゆるエンストといわれる症状には、いくつもの原因が考えられます。走行中に「ストン」とエンストした場合は、電気系の不具合などにより点火プラグが発火していない可能性があります。一方、エンジンの動きがぎくしゃ...

続きを読む

Q 警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
運転に必要な情報をドライバーに伝えるのがメーターパネル(計器類)の役目です。代表的なものとして、速度を表示するスピードメーターやエンジン回転数を表すタコメーター、冷却水の温度を表示する水温計などが挙げられますが、各装置の異常をドライバーに知...

続きを読む

Q 異臭からトラブルを発見するには?
普段は感じたことがない臭いがしたら、大きなトラブルの前兆かもしれません。クルマの走行に関して深刻な影響を及ぼすものは「焼ける」、または「焦げる」ような異臭です。具体的には摩擦による金属的な臭い、ゴム系の部品が焦げる臭いなどが漂ってきたら注意...

続きを読む

Q クルマの振動からトラブルを発見するには?
走行中に、普段は感じないような振動や揺れが生じた場合、車両トラブルが発生している可能性が考えられます。体感できるほどの振動は、ステアリングや、ブレーキやアクセル、シフトノブなどからドライバーに伝わる「操作系」、「ボディ」全体で感じるものに大...

続きを読む

Q 真っ直ぐな道でハンドルをとられる。考えられるトラブルは?
まっすぐな道路を走っているのに、ハンドルが左右どちらかに取られてしまう、そんな現象が起きた場合、その原因の多くは、足回りにあります。まず多いのが、タイヤ空気圧の不均衡。これが左右均等でないと、空気圧の低い側が抵抗となってまっすぐには走れませ...

続きを読む

Q 走行中にタイミングベルトが切れる予兆はありますか?
クルマにトラブルが起こる前には、何らかの兆候があるものです。ところが、なかには何の前触れもなく突然やってくるものもあります。タイミングベルトの破損もそのうちのひとつです。したがって、タイミングベルトは切れる前、走行距離にして8万kmから10...

続きを読む

Q 漏れた液体からトラブルを発見するには?
クルマは多くのフルード(オイルなどの液体)が使われています。故障やトラブルの前兆として、それらが漏れ出す可能性がありますので、液漏れの位置や液体の種類から、故障個所をある程度判断することができます。

FR(後輪駆動...

続きを読む

Q 以前よりエンジンパワーが落ちたと感じる場合のトラブルとは?
エンジンのパワーが落ちたと感じた場合、その原因はいくつも考えられます。たとえば新車のときに比べて、徐々にパワーが落ちたのか、あるいは、突然パワーが出なくなったのかなどによって、考えられる原因は変わってきます。徐々にエンジンパワーが低下したよ...

続きを読む

Q バッテリー上がりの原因と症状、点検方法とは?
バッテリー上がりの原因で多いのが、ライト類や室内灯の消し忘れです。バッテリーはエンジンを掛けることで充電されます。エンジンを停止した状態でライト類や室内灯、ウインカーなどを点け続けると、車載しているバッテリーに充電されないまま、どんどん蓄え...

続きを読む

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ