Q ATレバーを動かす際にショックが大きくなったように感じたら?

POINT

  • 変速時のショックならばATF量を点検し、必要に応じて補充や交換。
  • ATFの減少は故障が影響している場合が多く、整備工場で点検が必要。
  • ATレバー操作後に暫時ショックがあれば、内部メカ故障の可能性。

Answer

まずはATF(オートマチックトランスミッションフルード)を疑います。液体であるATFが規定量より不足していたり、長い期間交換しないでいると、ATは本来の性能を発揮できなくなってしまいます。それがシフトチェンジのぎくしゃく感や、ショックとなって現れます。またATFは劣化してくると燃費も悪くなります。車種によりますが、ATFはエンジンオイルと同じようにレベルゲージで点検できます(取扱説明書に従って点検する必要があります)。

ATFは自然に減るものではありません。規定量より減っているとすれば、何らかのトラブル(漏れなど)が発生している可能性が高く、すぐに整備工場などで点検する必要があります。また、量が正しく汚れがなくても、ATFそのものがクルマに合っていないというケースも考えられます。なお、CVT(無段階変速機)やDCT(デュアルクラッチ式AT)といった最新のトランスミッションにも専用のATFが使われていて、基本的な役割はATと同じです。ATFには種類があり、自動車メーカーごと、車種ごとに適用するATFは異なります。取扱説明書などに指示されている正しいATFを選択せずに、異なる種類のATFを使ってしまった場合には、シフトアップやダウンが正常に行われないなどAT機構に不具合が発生する可能性もあります。

ATレバーを動かした際に少し間を置いてから、車体全体に伝わるショックは、油圧バルブなどAT内部のメカニズム自体の故障が起きている場合があります。シフトショックが激しい場合は、まずは整備工場で点検することをおすすめします。なお、エンジンを始動させた直後には、排出ガスを浄化するため、エンジンが意図的にアイドルアップ(一時的にアイドリング回転数が高くなる状態)を行う場合があるため、一時的にシフトショックが増大することも考えられます。また、エアコン作動によるアイドルアップでも同様の現象が起こります。変速ショックの確認は、少なくとも水温計が動き出すまで走行した後で行いましょう。

写真:ATレバー

2013年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車検の有効期間は何年ですか?
  3. 3車庫証明の取り方を教えてください。
  4. 4高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  5. 5高速道路で逆走車に遭遇した際の対処方法は?
  6. 6エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  7. 7エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9タイヤの空気圧点検と充填方法
  10. 10運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  11. 11運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  12. 12信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  13. 13警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  16. 16ペダルの踏み間違いを防止するには?
  17. 17クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  18. 18エンジンがかからないときは?
  19. 19高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  20. 20異音からトラブルを発見するには?

このページのトップへ