Q クルマの振動からトラブルを発見するには?

POINT

  • 振動はステアリングなどの操作系と、ボディ全体のものに大別できる。
  • ペダル操作時に発生する振動は、極めて深刻なトラブルの可能性。
  • ある速度域でのボディの揺れは、ホイールアライメントの狂いが考えられる。

Answer

走行中に、普段は感じないような振動や揺れが生じた場合、車両トラブルが発生している可能性が考えられます。体感できるほどの振動は、ステアリングや、ブレーキやアクセル、シフトノブなどからドライバーに伝わる「操作系」、「ボディ」全体で感じるものに大別できます。

ステアリングに振動を感じた場合、ステアリング周辺の異常はもちろん、タイヤなどを起因とする足まわりから発生している可能性もあります。ある速度に達するとステアリングが激しく振動するものはシミー現象と呼ばれ、これはホイールバランスの狂いによるものです。段差や凹凸を乗り越えるとステアリングが大きくふらつくのは、ステアリングギヤやリンク機構のトラブルが考えられます。

ペダル操作時に発生する振動では、アクセルペダルはエンジンやトランスミッションに、ブレーキペダルはブレーキに直結する極めて深刻なトラブルであることが考えられます。とくにブレーキは、振動とまではいえないものの、踏みこんだ時に普段と違う感覚がある場合、ブレーキフルード不足やブレーキの効きが左右で異なるなど、システムの異常が考えられます。

また、ある速度に達するとボディ全体が揺れる場合は、ホイールアライメントの狂いが考えられます。走り始めに車体がガタガタするのは、タイヤにフラットスポット(タイヤの一部が平坦化してしまうこと)ができてしまった可能性があります。

振動による診断法

症状 状況/併発症状 原因 対処法・予防法
ある速度域でステアリングが振動 高速道路などで一定速度で走行中 ホイールバランス(タイヤ自体の重量バランス)の狂い。または、タイヤを取り付けているサスペンション部分のトラブルもある。 整備工場で点検。あるいはタイヤの空気圧を確認する。
ある速度域で車体全体が揺れる 高速道路などで一定速度で走行中 ホイールアライメント(タイヤの取り付け角度)の狂い。その結果によるタイヤの偏磨耗など。 タイヤ専門店、整備工場で点検。タイヤを縁石などにぶつけて衝撃を与えないように注意。
ステアリングをきっていくと「コツーン」という手ごたえ 走行中、曲がる時 ステアリング機構の中のギヤ、あるいはベアリングが破損。 整備工場で点検。タイヤを縁石などにぶつけて衝撃を与えないように注意。
ATの変速ショックが大きい 走行中、主に加速時 ATフルード(オイル)の劣化、もしくは不足。 整備工場で点検。本来、ATフルードは量が減るものではないので、不足していたらトラブルの可能性。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車検の有効期間は何年ですか?
  3. 3車庫証明の取り方を教えてください。
  4. 4高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  5. 5高速道路で逆走車に遭遇した際の対処方法は?
  6. 6エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  7. 7エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9タイヤの空気圧点検と充填方法
  10. 10運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  11. 11運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  12. 12信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  13. 13警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  16. 16ペダルの踏み間違いを防止するには?
  17. 17クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  18. 18エンジンがかからないときは?
  19. 19高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  20. 20異音からトラブルを発見するには?

このページのトップへ