Q 漏れた液体からトラブルを発見するには?

POINT

  • FR車や4WD車で後輪車軸中央付近の液漏れは、ギアオイル漏れの可能性。
  • エンジンルーム真下の漏れ跡は、冷却水を含めて広範囲の確認が必要。
  • EVやPHVで電解液が漏れたら火気を遠ざけ、換気して液に触れない。

Answer

クルマは多くのフルード(オイルなどの液体)が使われています。故障やトラブルの前兆として、それらが漏れ出す可能性がありますので、液漏れの位置や液体の種類から、故障個所をある程度判断することができます。

FR(後輪駆動)車や4WD(四輪駆動)車の場合、後輪の車軸中央付近なら、デファレンシャルギアからのギアオイル漏れの可能性が高いといえます。シフトレバーのほぼ真下の場合、MT車ならギアオイル、AT車ならATFにおけるトラブルの可能性があります。

FF(前輪駆動)車は、ボンネットを開けて、エンジンが右側に位置し、液漏れの跡が左側であればトランスミッションからのフルード漏れが疑わしいといえます。もちろん、その逆もあります。FF/FR/4WD車で、エンジンルームの真下に漏れ跡があるような場合は、エンジンオイルが疑わしいといえます。ただし、エンジンルームの真下の場合、パワーステアリングフルードやブレーキフルード、クラッチフルード、冷却液の場合もありますので、より広範囲にまで確認作業を広げることも大切です。

漏れている液体の種類は、主に2種類に分けられます。冷却液は、サラッとした水のような触感です。冷却水であることが分かるように、一般的には赤色か緑色に着色されています。オイル系は、ブレーキフルード、クラッチフルード、ATF、パワーステアリングフルードなどがあり、エンジンルームを開け、車両の取扱説明書に記載されているそれぞれのゲージやリザーバータンクを見て、色や臭いで確認できます。どちらにせよ、液漏れが生じた場合は、整備工場で点検する必要があります。ちなみに、夏場にエアコンを使用していると車体の下に水が落ちますが、これはエアコンが車内を除湿したための排水なので心配ありません。

EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)は、衝突事故を起こしたとしてもバッテリー本体から大量に電解液が流出しないよう設計されているため安全性は高いといえます。それでも万が一、電解液(無色透明で芳香臭あり)が漏れているのを発見した場合は、引火性があるため火気を遠ざけ、十分に換気を行います。劇薬であるため絶対に手で触ったりしてはいけません。身の安全を確保しJAFに救助を要請しましょう。

液体の漏れ

位置で判断する トラブル原因
後輪左右中央 FF/4WDの場合は、リヤデフからのオイル漏れ
シフトレバー真下 MTはギアオイル、ATはATフルードの漏れ
エンジンルーム右側 ミッションオイル、もしくはエンジンオイル漏れ
エンジンルーム左側 ミッションオイル、もしくはエンジンオイル漏れ
エンジン真下 エンジンオイル、パワステフルード、ブレーキフルード、クラッチフルード(MT)からのオイル漏れ
液体の種類で判断する トラブル原因
さらっとした水 エンジンの冷却水(クーラント)の漏れ
燃料(強い臭気) 燃料ホースの破損や損傷
オイル エンジンやミッション、各種フルードからの漏れ

2013年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7車検の有効期間は何年ですか?
  8. 8走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  9. 9センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  15. 15クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  16. 16エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  17. 17信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19セルフスタンドでの給油の注意点について
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ