Q 燃費が悪化した場合、考えられる原因とはなんですか?

POINT

  • 加速時のアクセルオフで破裂音がしたら、燃料センサーの故障を疑う。
  • クルマを引きずる感じは、駆動系やブレーキ、タイヤ関連のトラブル。
  • タイヤの空気圧が極端に少ないと、燃費に悪影響を及ぼす可能性あり。

Answer

燃費とは、燃料1リットルあたりの走行距離を表します(単位はkm/ℓ)。燃費は使用条件によって変ってくるため、たとえ多少悪化してもそれが使用状況によるものか、トラブルによるものか見分けるのが難しいですが、下記の症状が出た場合には、トラブルによる燃費の悪化と考えていいでしょう。加速していてアクセルペダルから足を急に離したときなどに、マフラーから「パン」という破裂音がするなら、未燃焼ガスが発生している可能性があります。本来はカットされるべき燃料が供給されているため、燃料カットを制御しているセンサーがトラブルを起こしています。
アクセルを踏まずに慣性で走っているとき、クルマが重い(引きずる)感じがした場合は、駆動系やブレーキ、タイヤにかかわる不具合である可能性があります。ブレーキでいえば、引きずりと呼ばれる状態や、サイドブレーキの戻し忘れ、固着などが考えられます。タイヤも極端に空気圧が減っていると、燃費に悪影響を及ぼすことがあります。現在、多くのガソリン乗用車には、電子制御燃料噴射装置が搭載してありますから、燃料の吸い込み過ぎで余計に燃料を消費することは少ないのですが、パワー不足だと、その分、アクセルを余分に踏み込むため、燃費の悪化を招きます。たとえば、6気筒以上のエンジンなどでは、プラグが1本爆発していなくても気付かないことがあり、そのままアクセルペダルを踏み込んで走行していると、結果的に燃費の悪化を招いてしまいます。そのほかにも、様々な原因が考えられますので、極端に燃費が悪化した時は点検してもらう必要があります。

燃費悪化の症状と原因

症状 原因
アクセルをオフした時に"パン"と破裂音がする 燃料カットを制御するセンサーのトラブル
アクセルオフで走行するとクルマが重い 駆動系やブレーキ、タイヤのトラブル
エンジンパワーのダウン ハイオク仕様にレギュラーガソリンを入れた
なんとなくパワーが落ちた プラグが1本爆発していない

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1車庫証明の取り方を教えてください。
  2. 2クルマのバッテリー上がりと応急処置
  3. 3車検の有効期間は何年ですか?
  4. 4エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  7. 7チェーン規制時はスタッドレスタイヤ装着でも走行できない?
  8. 8エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  9. 9長期間使用しなかったバイクに再び乗るときの注意点は?
  10. 10高速道路で逆走車に遭遇した際の対処方法は?
  11. 11警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  12. 12タイヤの空気圧点検と充填方法
  13. 13走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  14. 14運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  15. 15信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  16. 16エンジンがかからないときは?
  17. 17運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  18. 18異音からトラブルを発見するには?
  19. 19センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  20. 20雪道でスタックした場合、自力で動かす方法とは?

このページのトップへ