Q クルマの不具合による損害はメーカーに責任(PL法)を問えるの?

POINT

  • 車の根本的な欠陥で起きた事故等で、人命や身体、財産に損害を与えた場合はPL法が適用され、製造者の損害賠償責任を問える。
  • 損害賠償を受けるには、損害原因と車の欠陥の因果関係の証明が必要。

Answer

平成23年の交通事故発生件数は691,937件、1日に換算して1,900件ほども起こっている計算になります。自動車事故はスピードの出し過ぎや不注意などのユーザーに起因するものがほとんどですが、クルマ自体の不具合によって発生したケースも皆無とはいえません。現に、ブレーキやアクセルの不具合によって他車にぶつかってしまったケースや、ホイールボルト折損で外れたタイヤが歩行者を直撃したなどの事故も起きているのです。このようにクルマの根本的な欠陥により引き起こされた事故等で人の生命や身体、またはクルマ以外の財産に損害を与えた場合には、製造物責任法(PL法)が適用され、製造者の損害賠償責任を問うことができます。ただし、クルマ(製造物自体)が壊れただけでは製造物責任法の対象とはなりません。

損害賠償を受けるためには、(1)車に欠陥があったこと。(2)損害が発生したこと。(3)損害の原因が車の欠陥によるものであること。これらを証明する必要があります。しかし、テクノロジーの進歩によりクルマの構造は複雑化しているため、欠陥や損害との因果関係を証明することは容易ではありません。万一の際は、リコール情報を確認するとともに、自動車製造物責任相談センターなどに相談することをおすすめします。

イラスト:事故関連相談の故障分類別比率(自動車製造物責任相談センター)

2013年01月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車検の有効期間は何年ですか?
  3. 3車庫証明の取り方を教えてください。
  4. 4高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  5. 5高速道路で逆走車に遭遇した際の対処方法は?
  6. 6エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  7. 7エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9タイヤの空気圧点検と充填方法
  10. 10運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  11. 11運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  12. 12信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  13. 13警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  16. 16ペダルの踏み間違いを防止するには?
  17. 17クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  18. 18エンジンがかからないときは?
  19. 19高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  20. 20異音からトラブルを発見するには?

このページのトップへ