日常点検

Q エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
エンジンオイルの交換時期は、クルマの種類や使用状況によって異なりますので、車両の取扱い説明書等で確認しましょう。一般的には通常の使用で、1万5,000kmまたは1年毎が一般的にいわれていますが、エンジンや車種などによって異なりますので、同じ...

続きを読む

Q タイヤの空気圧点検と充填方法
どんなクルマもボディを支えているのはタイヤです。その地面との接地面積はタイヤ1本あたりハガキ約1枚分と小さく、それだけにタイヤの空気圧と残り溝の点検は安全運転と大きく関係する大切なポイントです。最近では、セルフ方式のガソリンスタンドが増えて...

続きを読む

Q 日常点検ではどこを見ればよいのでしょうか?
定期的な点検は、クルマを安全に乗るためには欠かすことができない重要な事柄です。クルマに使われている部品は、走行距離や時間の経過に伴い、劣化・消耗していくものが多く、定期的な交換や補充が必要となります。それを確認するうえで必要となるのが、ユー...

続きを読む

Q ブレーキパッドの磨耗状態はどこで分かりますか?
ブレーキパッドとは、タイヤに連動して回転しているブレーキディスクを挟み込む、摩擦材を主な成分とした制動装置のことです。ブレーキパッドをブレーキディスクに押しつけることで摩擦力が発生し、クルマは減速・停止することができます。その際に、ブレーキ...

続きを読む

Q ワイパーブレードの交換時期はどこで判断するのですか?
ワイパーの主な役割は雨天などの悪天候時にウインドウに付着した雨滴や汚れを取り除き、視界を確保することにあります。そのワイパーの要となるワイパーゴムは紫外線や熱の影響を受け、時間の経過とともに劣化が進みます。そうなると拭き取りムラが発生してし...

続きを読む

Q エンジンルームでできる日常点検のポイントはどこですか?
エンジンルームで行う日常点検ポイントは、

1:ウインドウウオッシャー液の量
2:ブレーキ液の量
3:バッテリー液の量
4:冷却水の量
5:...

続きを読む

Q オートマチックミッション(AT)の点検はどうすればいいのですか?
オートマチックトランスミッション(AT)は、トルクコンバーターがクラッチの役割を果たすトランスミッションのことで、その内部は、ATF(オートマチックトランスミッションフルード)で満たされています。ATFは、潤滑や冷却のほかに、トランスミッシ...

続きを読む

Q エンジンオイルやフルード類の点検はどうすればいいですか?
エンジンオイルの点検は、まずオイルレベルゲージに付着したオイルの位置で量を確認することです。ゲージ先端には、上限ラインと下限ラインが刻まれていたり、ギザギザが刻まれている部分があります。オイル量の確認は、抜き取ったゲージの先端を拭いた後、元...

続きを読む

Q ヘッドライトバルブの交換時期はどこで判断するのですか?
ヘッドライトは、夜間の走行には欠かせない重要なアイテムのひとつです。前方を明るく照らし出すという機能はもちろんですが、対向車や歩行者に対して、自車の存在を知らせるという役目も担っています。そこで、走行中にヘッドライトのバルブが切れてしまって...

続きを読む

Q タイヤやランプ類の点検はどうすればいいですか?
クルマの周囲で行う日常点検として、タイヤとライト類の確認があります。ライト類はヘッドライト、スモールランプ、ウインカーなど、すべてのランプ類のスイッチを操作して、確実に点灯・点滅しているかを車外から確認し、レンズの汚れや損傷も調べましょう。...

続きを読む

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ