Q エンジンルームでできる日常点検のポイントはどこですか?

POINT

  • 点検のポイントは5カ所あり、エンジンオイルなど液量の目視が中心。
  • タンク位置や各液の補充方法は、車両の取扱説明書や整備手帳に記載。
  • 点検はエンジンが冷えてから、あるいは始動前に安全を確保して行う。

Answer

エンジンルームで行う日常点検ポイントは、

1:ウインドウウオッシャー液の量
2:ブレーキ液の量
3:バッテリー液の量
4:冷却水の量
5:エンジンオイルの量

の5項目になります。

1はウオッシャータンクを目視で点検します。タンクの位置はキャップにウオッシャーのマークが付いているので判別しやすいでしょう。タンク内に液が入っていることが認識できれば問題ありません。2のブレーキ液の量は、ブレーキ液リザーバータンクで点検します。リザーバータンクは、エンジンルームの車両後方側で、プレーキペダルの真正面になります。3のバッテリー液の量は、バッテリーの側面から見ると、内部の液面の高さを確認することができます。4の冷却水の量は、ラジエーターリザーバータンクで点検することができます。5のエンジンオイルの量は、エンジン付近にあるオイルレベルゲージのどこまでオイルが付着しているかで確認します。

これらはすべて目で見て確認することができるので、クルマに詳しくなくても点検することができます。タンクの位置など、車両ごとの点検すべき具体的な箇所は、車両取扱説明書や整備手帳などに記載されています。

また、点検を実施する際には走行直後ではなく、エンジン始動前、もしくは走行後しばらく経ってから行うようにしましょう。

イラスト:イメージ

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車検の有効期間は何年ですか?
  3. 3車庫証明の取り方を教えてください。
  4. 4高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  5. 5高速道路で逆走車に遭遇した際の対処方法は?
  6. 6エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  7. 7エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9タイヤの空気圧点検と充填方法
  10. 10運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  11. 11運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  12. 12信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  13. 13警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  16. 16ペダルの踏み間違いを防止するには?
  17. 17クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  18. 18エンジンがかからないときは?
  19. 19高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  20. 20異音からトラブルを発見するには?

このページのトップへ