Q エンジンオイルやフルード類の点検はどうすればいいですか?

POINT

  • オイルレベルゲージの先端にある上下限ラインで、オイル量を確認。
  • 黒色、粘度が低いなど、オイルが汚れている場合は速やかに交換。
  • バッテリーは、液量と同時に本体周辺をよく見て液漏れをチェック。

Answer

エンジンオイルの点検は、まずオイルレベルゲージに付着したオイルの位置で量を確認することです。ゲージ先端には、上限ラインと下限ラインが刻まれていたり、ギザギザが刻まれている部分があります。オイル量の確認は、抜き取ったゲージの先端を拭いた後、元の位置に戻し、もう1度ゲージを抜きます。その状態で、ゲージの先端部分の2本のラインかギザギザ部分の中間までオイルが付着していれば合格です。ゲージの下限ラインよりもオイル量が下回っている場合は、補充する必要があります。

また、同時にオイルの汚れも確認し、汚れている場合(黒色で粘度が低い等)は交換しましょう。ウインドウウオッシャーはタンク内にウインドウウオッシャー液が入っているかどうかを確認します。目視してタンク内にウインドウウオッシャー液が確認できれば大丈夫です。もし、タンクが空の場合は、市販されているウインドウウオッシャー液を補充するか、整備工場で補充してもらいましょう。

ブレーキ液、冷却水はそれぞれのリザーバータンクに、バッテリー液はバッテリー本体の側面に、上限ラインと下限ラインが記してあります。それぞれの液量がその間にあるかを点検します。液量が減少している場合は、液漏れなど、いくつかの原因が考えられますので、放置せずに整備工場に相談してください。

  • ウオッシャータンク
    写真:ウォッシャータンク
  • ブレーキ液リザーバータンク
    写真:ブレーキ液リザーバータンク
  • バッテリー
    写真:バッテリー
  • ラジエターリザーバータンク
    写真:ラジエターリザーバータンク
  • オイルレベルゲージ
    写真:オイルレベルゲージ

エンジンオイルやフルード(液)類の点検方法

点検箇所 点検方法
ウインドウウオッシャー液の量 ウインドウウオッシャータンク内に液が確認できるか
ブレーキ液の量 ブレーキ液リザーバータンク内の上限ラインと下限ラインの間に液面があるか
バッテリー液の量 バッテリー側面の上限ラインと下限ラインの間に液面があるか
冷却水の量 ラジエターリザーバータンク内の上限ラインと下限ラインの間に液面があるか
エンジンオイルの量 オイルレベルゲージ先端の上限ラインと下限ライン(あるいはギザギザ部分)の間にオイルが付着していてエンジンオイルが汚れていないか

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  7. 7高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  18. 18クルマが冠水・浸水してしまったら?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ