Q タイヤやランプ類の点検はどうすればいいですか?

POINT

  • ランプ類は点灯・点滅を車外から確認し、レンズ汚れや損傷も調べる。
  • タイヤは損傷や溝の深さを確認し、空気圧を計測器で正確に測定する。
  • タイヤ側面の↑印周辺を調べ、スリップサインが出たら交換の合図。

Answer

クルマの周囲で行う日常点検として、タイヤとライト類の確認があります。ライト類はヘッドライト、スモールランプ、ウインカーなど、すべてのランプ類のスイッチを操作して、確実に点灯・点滅しているかを車外から確認し、レンズの汚れや損傷も調べましょう。
タイヤは空気圧、亀裂や損傷、溝の深さを確認します。タイヤの空気圧は、まずタイヤの接地部のたわみ具合を目で見て判断します。次に、タイヤ空気圧計を使用して正確に測定することをおすすめします。空気圧計はカー用品店などで購入することができます。また、給油時にガソリンスタンドで計測してもらうこともできます。空気圧の適正値は、運転席のドア側面かドア枠に表示されています。
タイヤの接地面にある溝は、残りの深さが1.6mmで使用限界となります。タイヤ側面に▲印が刻まれている部分があり、その延長線上の溝は、ほかの部分より1.6mm浅くなっています。その部分の溝がなくなることで、スリップサインと呼ばれる印が現れるようになっています。このサインが出てきたら、タイヤ交換の合図と考えましょう。
溝の摩耗とは別に、亀裂や損傷がないかも点検する必要があります。タイヤの側面や接地部など、全周にわたって亀裂や損傷がないかを確認します。溝の間に小石などの異物がないか、釘などが刺さっていないかも合わせて点検しましょう。

  • ランプ類の点検
    写真:ランプ類の点検
  • タイヤの空気圧
    写真:タイヤの空気圧
  • タイヤの溝の深さ
    写真:タイヤの溝の深さ
  • タイヤの亀裂・損傷
    写真:タイヤの亀裂・損傷

ランプ類やタイヤの点検方法

ランプ類の点灯 ヘッドライト、スモールランプ、ウインカー、パーキングランプ、テールランプなどの点灯の有無を確認し、レンズ類の汚れを取り除く
タイヤの空気圧 接地部のたわみ具合を確認する。タイヤ空気圧計を使い、適正値の空気圧かどうかを確認する
タイヤの溝の深さ 溝の深さが1.6mm以上あるかどうか、スリップサインが出ていないかを確認する
タイヤの亀裂・損傷 タイヤ全周にわたって、亀裂や損傷がないかを確認し、接地部の溝に挟まった小石などは取り除く

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ