Q タイヤやランプ類の点検はどうすればいいですか?

POINT

  • ランプ類は点灯・点滅を車外から確認し、レンズ汚れや損傷も調べる。
  • タイヤは損傷や溝の深さを確認し、空気圧を計測器で正確に測定する。
  • タイヤ側面の↑印周辺を調べ、スリップサインが出たら交換の合図。

Answer

クルマの周囲で行う日常点検として、タイヤとライト類の確認があります。ライト類はヘッドライト、スモールランプ、ウインカーなど、すべてのランプ類のスイッチを操作して、確実に点灯・点滅しているかを車外から確認し、レンズの汚れや損傷も調べましょう。
タイヤは空気圧、亀裂や損傷、溝の深さを確認します。タイヤの空気圧は、まずタイヤの接地部のたわみ具合を目で見て判断します。次に、タイヤ空気圧計を使用して正確に測定することをおすすめします。空気圧計はカー用品店などで購入することができます。また、給油時にガソリンスタンドで計測してもらうこともできます。空気圧の適正値は、運転席のドア側面かドア枠に表示されています。
タイヤの接地面にある溝は、残りの深さが1.6mmで使用限界となります。タイヤ側面に▲印が刻まれている部分があり、その延長線上の溝は、ほかの部分より1.6mm浅くなっています。その部分の溝がなくなることで、スリップサインと呼ばれる印が現れるようになっています。このサインが出てきたら、タイヤ交換の合図と考えましょう。
溝の摩耗とは別に、亀裂や損傷がないかも点検する必要があります。タイヤの側面や接地部など、全周にわたって亀裂や損傷がないかを確認します。溝の間に小石などの異物がないか、釘などが刺さっていないかも合わせて点検しましょう。

  • ランプ類の点検
    写真:ランプ類の点検
  • タイヤの空気圧
    写真:タイヤの空気圧
  • タイヤの溝の深さ
    写真:タイヤの溝の深さ
  • タイヤの亀裂・損傷
    写真:タイヤの亀裂・損傷

ランプ類やタイヤの点検方法

ランプ類の点灯 ヘッドライト、スモールランプ、ウインカー、パーキングランプ、テールランプなどの点灯の有無を確認し、レンズ類の汚れを取り除く
タイヤの空気圧 接地部のたわみ具合を確認する。タイヤ空気圧計を使い、適正値の空気圧かどうかを確認する
タイヤの溝の深さ 溝の深さが1.6mm以上あるかどうか、スリップサインが出ていないかを確認する
タイヤの亀裂・損傷 タイヤ全周にわたって、亀裂や損傷がないかを確認し、接地部の溝に挟まった小石などは取り除く

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7車検の有効期間は何年ですか?
  8. 8走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  9. 9センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  15. 15クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  16. 16エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  17. 17信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19セルフスタンドでの給油の注意点について
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ