Q エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?

POINT

  • 通常の使用で1万5,000kmまたは1年毎が一般的。
  • 軽自動車やターボなどの過給器付きエンジンは早めに交換。
  • ディーゼル車はガソリン車よりも早い時期で交換する。

Answer

エンジンオイルの交換時期は、クルマの種類や使用状況によって異なりますので、車両の取扱い説明書等で確認しましょう。一般的には通常の使用で、1万5,000kmまたは1年毎が一般的にいわれていますが、エンジンや車種などによって異なりますので、同じく取扱い説明書で確認しておきましょう。また、この距離・期間以内であっても汚れや減りが激しい場合には交換する必要がありますが、極端な場合にはエンジンオイルの漏れも疑われますので、整備工場やディーラーで点検してもらう必要があります。

特に、軽自動車やターボ/スーパーチャージャーなど過給器付きのエンジンでは、高回転、高負荷になりやすいことからオイルの管理はより大切です。

そもそも、なぜエンジンオイルの交換が必要かというと、主たる目的に「エンジンの潤滑」がありますが、オイルが各部を潤滑していくと金属間の摩擦などで高分子がせん断され潤滑性能が低下します。また、エンジン内部で燃料が燃えたときに発生する煤や、金属摩耗粉、また水分の混入などにより、オイル自体の性能が徐々に劣化するためです。

そういった意味ではディーゼルエンジン内部の環境はガソリンエンジンよりも厳しく、燃料に含まれる硫黄成分などからオイルも汚れやすい傾向にあります。ガソリンエンジンよりもマメな点検と早い時期での交換が必要です。

また、極少量ではありますが、走行しているうちに徐々に消費されてしまうため量も減っていきます。こうした状況を把握するために日常点検時は重要であり、定期的にエンジンオイルの汚れや量を確認し、必要であれば補充や交換を行うようにしましょう。

エンジンオイル交換時は、同時にオイルフィルターを交換することも必要です。エンジンオイルに混入した不純物を取り除く役目を持つフィルターは、長期間使っているとオイル内の不純物を除去できなくなり、オイルの性能低下が早まるだけでなく、フィルター自体が詰まってしまいます。こちらの交換の目安はオイル交換2回ごとに1回というのが基本です。

車種 交換のめやす シビアコンディション※
ガソリン車 1万5,000km、または1年 7,500km、または6ヵ月
軽自動車(ガソリン車) 1万5,000km、または1年 7,500km、または6ヵ月
ガソリンターボ車 5,000km、または6ヵ月 2,500km、または3ヵ月
軽自動車(ターボ車) 5,000km、または6ヵ月 2,500km、または3ヵ月
ディーゼル/
ディーゼルターボ車
1万km、または1年 6,000km、または6ヵ月

※シビアコンディション:
悪路走行が多い、走行距離が多い、山道な上り下りの頻繁な走行など

2014年09月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車庫証明の取り方を教えてください。
  3. 3車検の有効期間は何年ですか?
  4. 4高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  5. 5警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9タイヤの空気圧点検と充填方法
  10. 10信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  11. 11運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  12. 12運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  13. 13走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  14. 14センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  15. 15高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  16. 16クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  17. 17異音からトラブルを発見するには?
  18. 18車両感覚を身につけるには
  19. 19交通反則通告制度(青キップ)は、どういう制度なの?
  20. 20エンジンがかからないときは?

このページのトップへ