Q 洗車するときの基本手順とは?

POINT

  • 砂塵などを水で流し、洗剤を含んだスポンジでボディの汚れを落とす。
  • 必要ならば粘土クリーナーなどを使い、ボディやホイールの鉄粉を除去。
  • 乾燥を防ぐため、ワックスなどは小範囲に分けて部分ごとに仕上げる。

Answer

効率よく洗車するためには、まず、ホースなどを使って勢いのある水流で、ボディ全体を洗い流します。これはボディに付いた細かいホコリや砂塵などを先に落として洗車時の傷を防ぎます。合わせてタイヤや下回りの泥もよく落としておきましょう。

続いてバケツなどを使ってシャンプーを十分に泡立たせ、スポンジに水分をたっぷりと含ませたうえで、ボディの傾斜面に沿って一定の方向に動かして汚れを落とします。ルーフなどの高い所から低い所へ移動させることが効率よく作業するための基本です。汚れのひどい場所はできるだけ後まわしに、とくに汚れやすいホイールはボディ用のスポンジではなく専用のブラシを使ってしっかりと洗います。クルマ全体を洗い終えたら、シャンプーと一緒に汚れを水で洗い流します。

その後、必要に応じて粘土クリーナーやケミカルグッズを使い、ボディやホイールに残っている鉄粉などを、グッズの取扱説明書に従って除去します。

拭き取り作業は、セームと呼ばれる皮布やマイクロファイバークロスなどを使うといいでしょう。これらは吸水性が高いので、力を入れなくても水分を吸い取るのでボディへのキズ防止にもなります。シャンプーと同じように、一定方向に動かして水気を取り除きましょう。

仕上げにはワックスやコーティング剤を使用します。ボディに光沢を与えるだけでなく、被膜を作り塗装面を保護する効果が期待できます。作業の注意点としては、乾燥させてしまうと拭きにくくなることです。一度に広い面積に対して作業するのではなく、手の届く範囲に分割し、部分ごとに仕上げていきましょう。

洗車のコツをつかんで、正しい手順で、効率よく、キレイにしましょう。

イラスト:洗車

2013年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  7. 7高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  18. 18クルマが冠水・浸水してしまったら?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ