Q ボディの錆を防ぐにはどんな点に注意すべきですか?

POINT

  • 最近の車は錆にくいが、飛び石などを受けるアンダーボディは弱い。
  • 海岸部や雪道走行後は早めに洗車し、付着した塩分を丁寧に落とす。
  • 春先にスチームで徹底洗浄と傷補修を行い、露天駐車場の保管は注意。

Answer

最近のクルマは格段に防錆性能が向上しています。また、使用するボディ鋼板には、錆に強い防錆鋼板を使用しているため、塗装面にキズや剥がれがないかぎり、錆が発生する可能性は極めて低くなっています。最近では塗装保証だけでなく錆によるボディの穴あき保証を設けている自動車メーカーもあるほどです。

それでも金属である以上腐食は避けられません。常に飛び石や水跳ねにさらされているアンダーボディは錆に対して弱い部分といえます。特に潮風が吹く海岸沿いで使用する場合には注意が必要です。塩分測定器を使ったデータによると、海岸線近くに駐車場を持つクルマからは65%~76%、直接潮風にさらされたクルマからは、実に78%という「塩分」が検出されました。融雪剤がまかれた雪道もボディに塩分が付着して錆の原因になります。

錆を防止するには日常的なメンテナンスが欠かせません。潮風や雪道を走った後は、できるだけ早く洗車してボディに付着した塩分を落とすことが大切です。高圧水を利用して下回りやボディの隙間までしっかり洗い流します。冬の間、融雪剤の中を走り回ることになる雪国では、普段は水で洗い流す程度にして、春に徹底したスチーム洗浄をするのがいいでしょう。塗装のキズや剥がれを発見したら、タッチアップペイントなどを利用して錆が進行する前にリペアすることが大切です。

そのほか保管場所にも気を配りましょう。露天の駐車場はクルマのボディにとっては劣悪な環境です。屋根のある駐車場や風雨を避ける対策を講じましょう。

イラスト:イメージ

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車庫証明の取り方を教えてください。
  3. 3運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  7. 7エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  8. 8オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  9. 9エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  12. 12交通違反の点数制度について教えて
  13. 13クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15クルマが冠水・浸水してしまったら?
  16. 16警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  17. 17クルマが水没したときの対処と脱出方法とは?
  18. 18信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  19. 19運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  20. 20エンジンがかからないときは?

このページのトップへ