保安基準

Q フォグランプを取り付ける際に注意したい保安基準とは?
濃い霧や激しい雨、また降雪時などの際に、路面の視界確保という目的のため使用されることが多いフォグランプ(道路運送車両法では「前部霧灯」)。ヘッドライトに比べ、手前をより幅広く照らすのがその特徴です。あれば便利なフォグランプですが、色や取り付...

続きを読む

Q 不正改造にあたる主なケースとは?
混合交通となる公道でクルマを安全に使用するために、細かな基準が法令で定められています。不正改造とは、故意にマフラーを取り外す、ライト類の灯光の色を規定外のものに変更するなどして、保安基準に適合しない改装を施すことをいいます。保安基準に適合し...

続きを読む

Q タイヤのサイズを変えると違反になりますか?
タイヤサイズを変更している車両を頻繁に見かけるように、タイヤのサイズを変更すること自体には、規制はありません。一般的にタイヤサイズの変更は、インチアップといわれる方法でサイズを変えます。インチアップとはタイヤの内径だけを大きくし、外径は変え...

続きを読む

Q 前照灯(ヘッドライト)を使用する際に注意したい保安基準とは?
最近増加しているHIDやディスチャージと称される白っぽいライト(高輝度放電式ライト)の増加を受け、「対向車のライトが眩しい」という意見が多く寄せられています。従来のハロゲン式ライトに比べて、明るく、昼間の色に近いとの評判で、高価であるにも関...

続きを読む

Q ウインドウフィルムを貼ると違反になりますか?
着色フィルム、あるいはカーフィルムと呼ばれるものは、窓ガラスに貼ることで、車内に入ってくる太陽光や紫外線を大幅にカットしてくれるアイテムです。また、プライバシーを守る意味でも役立つものです。しかし、前席の窓ガラスに着色フィルムと貼る場合、そ...

続きを読む

Q 眩しさ対策について注意したい保安基準とは?
保安基準に於ける眩しさ対策について紹介します。
道路運送車両法の保安基準では、前照灯(ヘッドライト)に自動または手動式によって光軸を調節する機構を備えなくてはならないとされています。これにより、HIDやディスチャージと称される高...

続きを読む

Q マフラーを交換する際に注意したい保安基準とは?
マフラーを純正品から交換する場合、もっとも注意しなければいけないのが、交換するマフラーが保安基準に適合しているか、否かです。つまり、車検に通るかどうかを見極めなければいけません。市販されているほとんどのものは、車検に合格するもの=保安基準適...

続きを読む

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ