クルマ何でも用語辞典

クルマ何でも用語辞典

検索をこちら

部品・規格 の用語一覧

イモビライザー
それぞれのクルマ用に用意されたキーなどから発せられる電波信号が受信されないとエンジンを始動できない車...
ショックアブソーバー
サスペンションのコイルスプリングの振動を、素早く抑えるために装着される部品。ダンパーともいう。ショッ...
バッテリー
電気を保存しておける装置。自動車用バッテリーは、化学反応によって充電と放電ができる鉛蓄電池(なまりち...
ハイビーム
正式名称を「走行用前照灯」という。照射範囲は前方約100m。夜間走行する場合、基本的にハイビームを使...
ジュニアシート
チャイルドシートの一種。一般には尻の下に敷き、座面を上げることで3点式シートベルトを利用できるように...
サスペンション
路面からの衝撃を緩和する装置で、走行性能、乗り心地、車高などを決める役割をもつ。乗用車に使われるサス...
ロービーム
正式名称は「すれ違い用前照灯」という。照射したとき運転者が前方40mの障害物などを視認できる性能を備...
マフラー
消音器のこと。エンジンが発生した高温の排気ガスがそのまま外気に触れると、急速に膨張して大きな音が発生...
ブースターケーブル
主に自動車のバッテリー上がりによって、エンジンをスタートできなくなった際に役立つカー用品。2本の専用...
触媒
自身は化学変化しないが周囲の化学変化を促進する物質のこと。自動車関連では排気の清浄化に利用されていて...
このページのトップへ