安全運転

Q レンタカーの予約時と返却時の注意点とは?
カーナビやETC車載器などの装備だけでなく、レンタカーの予約時にはオプション装備の確認も大切です。雪道を走る可能性があれば、スタッドレスタイヤ装着車か、タイヤチェーンやスキーキャリアなどが予約できるかも確かめておきましょう。
...

続きを読む

Q 狭い道路を走るときの注意点と、対向車とのすれ違い方は?
交通安全白書(内閣府)では、生活道路を「市街地における車道幅員5.5m未満の道路」と定義しています。住宅街にはセンターラインがない道幅5.5m未満の狭い道路もあり、運転に自信のない人は対向車とのすれ違いで緊張してしまうかもしれません。

続きを読む

Q レンタカーを運転する際に気をつけたいことは何ですか?
 レンタカーなどの慣れないクルマを運転するときは、マイカーとの車両感覚の違いに注意しましょう。普段乗るクルマよりもボディサイズが大きいクルマを借りるときは、とくに注意が必要です。レンタカーを借りたときは、すぐにクルマへ乗り込まず、クルマの外...

続きを読む

Q 車両感覚を身につけるには
 車両感覚とは、クルマに対する前後左右の距離感のことです。ところがクルマの周囲には死角があり、運転に慣れないうちは、正確な車両感覚をつかむのが難しいと感じるかもしれません。ちょっとした感覚のずれから、コンビニやスーパーの駐車スペースからはみ...

続きを読む

Q 運転中の「ながらスマホ」で事故が起きるのはどうして?
 クルマまたはバイクの運転中におけるスマートフォンや携帯電話の使用、いわゆる「ながらスマホ」について、「前を向いているから大丈夫」「ちょっと画面を見るぐらいなら大丈夫」などと考えて、運転中に交通事故を招いているケースがあります。

続きを読む

Q ジャンクションから本線合流時の注意点
 加速車線から高速道路本線へと合流するときは、加速車線を最大限に利用して素早く加速することが大切です。本線のクルマとぶつかりそうで怖いという気持ちが先に立ち加速をためらうと、かえって危険な状況を招きます。加速車線を使い切る気持ちで、しっかり...

続きを読む

Q 正しい運転姿勢のとり方とは?
正しい運転姿勢を保つポイントを解説します。シート前後の位置と足の位置、シート背もたれ角度の調整と腕の位置が重要です。シートの前後位置はシートと身体にすき間ができないようにお尻を密着させ深く座ります。エンジンを掛けた状態でブレーキペダルをいっ...

続きを読む

Q シートベルトやチャイルドシートはどのくらい有効なのですか?
シートベルトを装着しているか、装着していないか……。これは交通事故での生死を分ける境目です。非着用者の致死率は着用者の約15倍にも上昇します。法律では、自動車の乗車中はシートベルトの着用が義務付けられており、後部座席も例外ではありません。後...

続きを読む

Q トンネルで起こる不思議な現象とは?
高速道路のトンネルに入ると、入る前よりもスピードが落ちる傾向があります。これは、トンネルに入ったことで急に道幅が狭く感じて、無意識のうちにアクセルペダルを緩めてしまうために起こります。では、なぜ道幅が狭く感じてしまうのでしょうか?運転中に後...

続きを読む

Q 渋滞を避けるポイントとは?
ナビゲーションやスマートフォンが普及した現在でも、観光地などでは予期せぬ渋滞にはまってしまうことがあります。ナビゲーションを使って迂回路を探索することはできますが、道路状況によっては予定を大きく変更することになるかもしれません。そんな場合に...

続きを読む

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ