安全運転

Q 走行中の車間距離について、教えてください。
 平成30年中の交通事故件数を事故類型別にみると、追突事故の構成率が最も高く全体の34.7%を占めていました(警察庁「平成30年中の交通事故の発生状況」)。こうした前方を走行中または停止中のクルマに後方からぶつかる追突事故の要因の一つとし...

続きを読む

Q 防衛運転は、なぜ大切なのですか?
防衛運転とは、ドライバーが交通事故を回避するために行う運転方法のひとつです。交通事故は、加害者になるだけでなく、被害者として巻き込まれる可能性もあります。防衛運転は事故を防ごうとする意識と運転方法によって、「自分が原因の事故を起こさない」こ...

続きを読む

Q ペダルの踏み間違いを防止するには?
オートマチック車の場合、アクセルペダルは右側に、ブレーキペダルはその左側と、2つのペダルが並んで配置されています。操作するときは、右足だけでアクセルペダルとブレーキペダルを交互に踏み替えながら操作することが一般的です。それぞれ「踏み込む」と...

続きを読む

Q 高速道路走行中に後ろから緊急車両が来た場合の対処方法とは?
道路交通法第39条では、緊急車両(緊急自動車)を「消防用自動車、救急用自動車その他の政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のものをいう」と定義しています。救急車や消防車、警察のパトロールカー(パトカー)な...

続きを読む

Q レンタカーの予約時と返却時の注意点とは?
カーナビやETC車載器などの装備だけでなく、レンタカーの予約時にはオプション装備の確認も大切です。雪道を走る可能性があれば、スタッドレスタイヤ装着車か、タイヤチェーンやスキーキャリアなどが予約できるかも確かめておきましょう。
...

続きを読む

Q 狭い道路を走るときの注意点と、対向車とのすれ違い方は?
交通安全白書(内閣府)では、生活道路を「市街地における車道幅員5.5m未満の道路」と定義しています。住宅街にはセンターラインがない道幅5.5m未満の狭い道路もあり、運転に自信のない人は対向車とのすれ違いで緊張してしまうかもしれません。

続きを読む

Q レンタカーを運転する際に気をつけたいことは何ですか?
 レンタカーなどの慣れないクルマを運転するときは、マイカーとの車両感覚の違いに注意しましょう。普段乗るクルマよりもボディサイズが大きいクルマを借りるときは、とくに注意が必要です。レンタカーを借りたときは、すぐにクルマへ乗り込まず、クルマの外...

続きを読む

Q 車両感覚を身につけるには
 車両感覚とは、クルマに対する前後左右の距離感のことです。ところがクルマの周囲には死角があり、運転に慣れないうちは、正確な車両感覚をつかむのが難しいと感じるかもしれません。ちょっとした感覚のずれから、コンビニやスーパーの駐車スペースからはみ...

続きを読む

Q 運転中の「ながらスマホ」で事故が起きるのはどうして?
 クルマまたはバイクの運転中におけるスマートフォンや携帯電話の使用、いわゆる「ながらスマホ」について、「前を向いているから大丈夫」「ちょっと画面を見るぐらいなら大丈夫」などと考えて、運転中に交通事故を招いているケースがあります。

続きを読む

Q ジャンクションから本線合流時の注意点
 加速車線から高速道路本線へと合流するときは、加速車線を最大限に利用して素早く加速することが大切です。本線のクルマとぶつかりそうで怖いという気持ちが先に立ち加速をためらうと、かえって危険な状況を招きます。加速車線を使い切る気持ちで、しっかり...

続きを読む

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ