Q 走行中の車間距離について、教えてください。

POINT

  • 車間距離の不保持はあおりや追突事故の一因になっている。
  • 車間距離はブレーキをかけてクルマが止まるまでの距離が必要。
  • 車間距離を時間で測る方法もある。

Answer

車間距離の不保持は追突事故のリスクを高める
車間距離の不保持は追突事故のリスクを高める

 平成30年中の交通事故件数を事故類型別にみると、追突事故の構成率が最も高く全体の34.7%を占めていました(警察庁「平成30年中の交通事故の発生状況」)。こうした前方を走行中または停止中のクルマに後方からぶつかる追突事故の要因の一つとして考えられるのが、車間距離の不保持です。

 道路交通法第26条では、「車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない」と定めています。平成21年10月1日から、道路交通法の一部改正により、高速道路等での車間距離保持義務違反の法定刑が「5万円以下の罰金」から「3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」に引き上げられ、交通違反点数と罰則金も引き上げられました。高速道路等での車間距離保持義務違反は基礎点数2点、普通車の場合は反則金9000円。それ以外の道路では基礎点数1点、反則金は同6000円です(2019年5月現在)。

車間距離はどのように確保すればよいか?

 走っているクルマが停止するまでには、ドライバーが危険を感じてからブレーキを踏み、ブレーキが実際に効き始めるまでにクルマが走る距離(空走距離)と、ブレーキが効き始めてから停止するまでの距離(制動距離)とを合わせた距離(停止距離)を必要とします。

 このうち空走距離は、ドライバーの体調や注意力などで大きく変化します。制動距離は速度の2乗に比例して長くなるほか、クルマの重量、ブレーキの性能、タイヤの種類や状態、路面状況によって変わります。例えば雨に濡れた道路を走る場合や乗員が多い場合などは、制動距離が長くなります。路面が雨に濡れ、タイヤがすり減っている場合の停止距離は、乾燥した路面でタイヤの状態がよい場合に比べて2倍程度に延びることもあります。

 そのため車間距離はそうしたクルマの停止距離全体を考慮して、前方のクルマが急停止したり、不意に積み荷を落とした場合にも対処できるよう適正に確保することが大切となってきます。例えば高速道路を走行する場合なら車間距離を確認する車間距離確認表示板が設けられているので、それを目安にするのもよいでしょう。

「距離」ではなく「時間」を目安にする方法も

 前を走るクルマとの距離は、運転席の高さなどによっても誤認しやすいため、正確に目測するのは容易ではありません。そこで、車間距離のとり方として、「距離」ではなく「時間」で測る方法も警察や交通心理学会などから推奨されています。前のクルマが通過した地点を自分のクルマが何秒後に通過するか(この時間を「車間時間」といいます)によって、安全な車間を確保しようという方法です。速度に関係なく、心の中で「ゼロイチ、ゼロニ……」とゆっくりカウントすればよいので誰にでも簡単にできますが、「何秒分開ければ安全か」には2秒ルールや3秒ルールなど諸説あるようですが、最低でも2秒間は必要であるとされています。

 このように車間距離の確認方法はさまざまですが、車間距離の不保持は事故のリスクを高めるだけでなく、交通違反として取り締まり対象になるので、常に意識しながら運転するよう心がけたいものです。

2019年06月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ